猫が『お近づきになりたい人』に送るラブサイン4つ♡

猫が『お近づきになりたい人』に送るラブサイン4つ♡

猫も「この人が大好き」「この人と仲良くなりたい」と思うことはあるんです♡そんな人には猫からラブサインが送られているはずですが、気付いているでしょうか?本記事では猫が「お近づきになりたい人」に送るラブサインについてご紹介したいと思います♡

1902view

1.顔や手を舐める

顔を舐める猫

猫同士でも心を開いている相手には毛づくろいをします。それと同じように人間に対しても、心を許している相手にだけ顔や手を舐めてくれるんです♡

舐める場所は猫によって「定番」があるようですが、我が家では1匹がよく筆者の鼻を舐めてくれます。たまに髪も毛づくろいをしている気分になるのか、舐めてくれることがあります。

猫のザラザラの舌は人間にとってちょっと痛いですが、これも猫からの「大好き♡」というサインですから嬉しくなってしまいますね!

2.行く先々についてくる

すり寄る猫

猫が飼い主の移動先にずっとついてくるなら、それは大好きな飼い主の行動を把握して、かまってもらうタイミングを探っているからです。

心から信頼している大好きな人にはかまってもらいたくて仕方がないので、いつなら大丈夫なのか、後をついて行くことで見計らっているんですね♡

大好きな人が移動するときにうっかり寝てしまっていた猫なら、気付いた瞬間大慌てでダッシュして追いかけてくることもあるかもしれません!愛猫からそこまで想われたら幸せですよね♡

3.邪魔をしてくる

邪魔をする猫

新聞を読んでいれば目の前に現れ、パソコンで作業をしていればキーボードに乗ってくる…そんな猫たちも飼い主のことが大好きです♡

もちろん猫自身には「邪魔している」というつもりは全くなく、単に大好きな人に「かまってほしい」「自分を見てほしい」という気持ちからそんな行動をしてしまうんです。

邪魔すると怒られることを理解した猫なら、飼い主に気づいてもらえるのを少し離れた場所でじっと待っていることもあるかも知れません。「お願い、こっちを見て!」という視線を飼い主に送り続けている猫もいるでしょう♡

4.お尻を向ける

お尻を向ける猫

お尻は猫の急所の一つで、警戒している人間には絶対に晒したりしません。

そんな警戒心の強い猫が大切な急所であるお尻を飼い主に向けて座っていたら、その人が自分に絶対危害を加えないと信頼しているサインです♪

信頼して心を開いてくれているからこそ、急所を向けても安心していられるんですね♡中にはお尻を飼い主の顔にくっつける猫も…!

何も知らずに突然お尻を向けられたらびっくりしてしまうかも知れませんが、これも猫からの信頼の証です。人間同士だと失礼に当たる行動ですが、猫であればとても光栄な行動なんですよね♡

まとめ

添い寝する猫

猫は信頼している人に様々な方法で「大好き♡」というサインを送り続けています!

飼い主の上に乗るなどのわかりやすいサインを出す猫もいれば、よく見ないとわからないような控えめなサインを出す猫もいます。

ここは愛猫の性格にもよりますが、どんな猫のラブサインも飼い主なら見逃したくないですよね♪

大好きな人に愛情を受け止めてもらえたら、猫もますますその人のことが大好きになってくれるでしょう。

猫が出すたくさんのラブサインを知ることで、あなたも愛猫との仲を深めてみませんか♡

スポンサーリンク