猫が『ちょこん』と座っているときの心理3つ

猫が『ちょこん』と座っているときの心理3つ

ちょこんと座る猫を見ると癒される方は多いのではないでしょうか。何気なく近づいてはちょこんと座っているとき、猫は何を思っているのかを調べてみました。

10446view

ちょこんと座る猫

座る猫

猫の行動には、まだまだ人間には分からないことがあります。猫と一緒に暮らしている方の中には、特に同意される方が多いのではないでしょうか。

その中の行動の一つですが、飼い主が何気なくデスクワークしていると猫が近づいてきて、近くに「ちょこん」と座る姿を見たことがないでしょうか。特に何をするわけでもなく、近づいてきては黙って側に「ちょこん」といるだけです。

今回はこの行動について調べてみましたので、不思議に思っていた方はぜひチェックしてみて下さい。長年の謎が解決するかもしれません。

1.構って欲しいから

甘えている猫

飼い主の視界にわざわざ入ってくることから、「構って欲しい」「甘えたい」という気持ちの表れの可能性があります。

猫は非常に警戒心の強い生き物ですので、警戒している相手にはなるべく気付かれないような行動をとります。

甘えたいと言っても直接スリスリしたり、にゃーと鳴いて気を引こうとする性格の子もいますがそれは少数派です。大半の猫は、遠回しに甘えたいアピールをします。

その中の一つの行動が、「相手の視界に入る」事です。特に大きなアピールはしないものの、黙って見つめるだけで飼い主は気づいてくれる、と思っているのです。

また飼い主の事を想って、タイミングを伺う子もいます。普段の行動で飼い猫の性格を推察し、飼い主はできる限りその気持ちに応えてあげましょう。信頼関係が強まります。

2.リラックスするから

リラックスしている猫

大好きな人と一緒にいる事で、私たち人間もリラックスします。他人といるよりも、家族といる時の方がリラックスすると思います。

猫も同じで、飼い主の事を家族と認めているからこそ、一緒の空間にいる事でリラックスできるという理由で近づいてきた可能性があります。

側にいる事で落ち着くから単純に近づいているだけで、特に「構って欲しい」というわけではない場合もあります。

猫は野生の本能によって、外敵から狙われないようにするために、周囲の状況には敏感に反応する生き物です。そのため、なるべく仲間と一緒にいたり、安心できる環境にいないと落ち着かないのです。

3.お腹が空いている

ご飯を食べたそうにしている猫

猫は本能から空腹には敏感です。飼い主がどんな行動をしていても自身が空腹になるとすぐに知らせます。

もちろん時間通りであるならば問題ないのですが、時間よりも早く要求するようであれば飼い主はその要求には応えないようにしましょう。

一度でも要求したらご飯をくれる事を覚えてしまうと、何度も繰り返そうとします。あくまでも決まった時間通りにしましょう。

まとめ

座っている猫

以上のように、猫の行動にもいろいろな理由があるようです。

さらに、そばに近づいてきて「ちょこん」と座ることに関しては、あまりマイナスな意味がなく、むしろプラスの意味の方が多いようですね。

愛猫が近くで「ちょこん」と可愛く座っているのを見かけたら、たっぷりと甘やかしてあげましょう。

スポンサーリンク