思わぬ事故に繋がることも!猫に危険な『家電』4選

思わぬ事故に繋がることも!猫に危険な『家電』4選

日常生活において、今や「家電」は欠かせない存在ですよね。しかし、猫と暮らしている方にとっては、一歩間違えると事故に繋がりかねません。飼い主さんは、事故が起きないよう注意が必要です。それでは猫にとって危険な家電には、いったい何があるのでしょうか?

1722view

1.ロボット掃除機

お掃除ロボットの上に乗る猫

猫を飼っているご家庭では、猫の抜け毛に悩まされることでしょう。そんなとき便利なのが、「ロボット掃除機」です。

面倒なお掃除もロボットが代わりにしてくれる夢のような家電ですよね。中には、ロボット掃除機の上に乗って楽しそうに遊ぶ猫もいるようです。

しかし、一歩間違えると転倒や追突に繋がります。必ず飼い主さんの目が届く場所で使用しましょう。

また、見慣れぬ物体に警戒し、引きこもってしまう場合もあります。猫のストレスになってしまう可能性もあるので、怖がっていないか、様子を窺いながら使用しましょうね。

2.炊飯器

湯気が出る炊飯器

温かい炊飯器の上に乗りたがる猫は多いかもしれません。しかし、炊飯中は高温の蒸気が出て、猫が火傷してしまう危険性があります。また、飛び乗った時に、ボタンを押して蓋が開いてしまうことも…。

キッチン周りにも、猫にとっての危険は潜んでいます。飼い主さんは注意が必要です。

3.ストーブ

ストーブの前に座る猫

猫が好きな家電の1つに「ストーブ」があります。飼い主さんがスイッチを入れるのを待ちわびている猫もいるでしょう。その温かさにうっとり気持ちよさそうにしていますよね。

しかし、これも猫にとっては危険な家電。走り回って倒してしまったら、火事になってしまいます。また、猫が近づきすぎて火傷をしてしまうことも…。

倒れないような安定したものを選び、ストーブ本体に取り付けるガードも売られています。寒い冬の日も、猫も人も安全に使用できるよう工夫が必要です。

4.洗濯機

洗濯機の中に入る猫

深くて暗い洗濯機の中は、猫にとっては落ち着ける場所。飼い主さんの匂いがついた衣類やタオルが入っていると安心し、眠ってしまう…なんてこともあるかもしれません。

しかし、猫が洗濯機の中にいることに気づかずに回してしまったら…。考えるだけで恐ろしいですよね。

洗濯機を回すときは、必ず猫が中に入っていないかを確認し、使用しないときは蓋を閉めておきましょう。

まとめ

目を丸くする猫

いかがでしたか?猫にとって危険な「家電」について4つご紹介しました。どれもなくてはならない家電ですよね。便利であるはずの家電が猫にとっては、思わぬ事故に繋がる可能性があることを飼い主さんは忘れてはいけません。

使用する際は、細心の注意を払い、猫も飼い主さんも安全に快適に暮らしましょう!

スポンサーリンク