猫は人間が飲む牛乳を飲んでも大丈夫?

猫は人間が飲む牛乳を飲んでも大丈夫?

猫は牛乳を飲んでもいいのでしょうか?ミルクを飲んで育つため、人間が飲む牛乳を与えても喜びそうですが、体調不良になったり、太りやすくなってしまったり、注意しなければならないことがあります。

1073view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

体調不良を起こすことがある

寝転ぶ猫

牛乳には、「乳糖」という成分が含まれています。人もそうですが、猫も乳糖を体内で分解できないと、消化不良や下痢を起こしてしまいます。乳糖を分解するには「ラクターゼ」という酵素が必要になるのですが、猫はこの酵素を多く持っていません。

また、牛乳でアレルギーを起こしてしまう猫もいます。牛乳を飲むと必ず下痢や嘔吐をする場合や、数時間経ってからかゆみがあらわれた場合は、牛乳のアレルギーの可能性があります。

すべての猫が消化不良やアレルギーを起こすわけではありません。どれだけ飲んだら体に影響が出るのかも猫によって異なります。どうしても飲みたがる場合は少量にして体調の変化を見逃さないようにしますが、乳糖が含まれない猫用の牛乳が販売されているので、こちらをおすすめします。

持病がある猫は牛乳を飲ませてもいいのか、動物病院に相談をしてからにしましょう。

病気の治療中のときは確認してから与える

聴診器を当てられる猫

猫は尿路結石や腎不全を起こしやすく、治療のために療法食を食べる場合があります。他にも病気によって療法食が必要になったり、薬が必要になったりする場合があります。

療法食や薬を与えているときは、牛乳を猫に与えても良いのか、獣医師に相談をしましょう。

子猫のミルクとして与えられない

人の手のひらの上で寝る子猫

小さな子猫はミルクしか口にすることができません。しかし、牛乳は下痢を起こす可能性があります。さらに、子猫が下痢をすると脱水や低血糖を起こし命にかかわることもあります。

また、母猫が与えるミルクと牛乳では成分が異なり、子猫の成長に牛乳では栄養不足となってしまいます。

一時的な場合でも牛乳は避け、子猫には子猫用のミルクを与えましょう。

肥満になる

仰向けで寝る猫

牛乳はカロリーが高く、猫に与え続けると太る可能性が出てきます。肥満は様々な病気を引き起こすリスクを高めます。

適正な量のキャットフードを食べている健康な猫ならば、牛乳を与える必要はほとんどありません。もし与えるなら、その分のカロリーを考慮した量のキャットフードを与える必要があります。

まとめ

おすわりする猫と牛乳が入った瓶

猫が牛乳を飲むと、乳糖を分解できずにお腹を壊してしまうことがあります。牛乳にアレルギーがある猫もいます。しかし、すべての猫が牛乳が体に合わないわけではありません。

どうしても欲しがるときは、動物病院で相談をしたり、体調に変化がないか確認をしたりして多く与えすぎないようにしましょう。

成猫用の牛乳を与える方法もあります。また、子猫に牛乳を与えると、下痢が悪化して危険な状態になることもあるので、子猫には子猫用のミルクを与えなければなりません。

スポンサーリンク