猫が玄関から離れないときの心理5つ

猫が玄関から離れないときの心理5つ

飼い主さんが出かけてしまうのが寂しくて玄関で「行かないで!」と鳴く猫がいますよね。それ以外の場面でも猫が玄関にずっといることがあります。猫がなぜ玄関にいるのか、どんな気持ちなのかご紹介します。

2004view

1.出かけてほしくない

おすわりする猫

ごはんを出してくれたり、甘えさせてくれたり、猫にとって飼い主さんは母猫のような存在です。そんな飼い主さんが玄関から出ていってしまい、しばらく帰ってこないと、残されることが猫にとって不安だったり、とても寂しく感じたりします。

また、飼い主さんに外出してほしくないため、玄関で邪魔をして出ていかないようにしたり、飼い主さんが出ていくときギリギリまで一緒にいたいという気持ちで、玄関にずっといたりするんです。

2.注目してほしい

鳴く猫

飼い主さんは家にいるのに、猫が玄関で寂しそうに鳴いているときは、猫が飼い主さんにかまってもらいたいアピールをしているのかもしれません。飼い主さんが猫の近くに行き、声をかけたりなでたりすると、鳴きやんで嬉しそうにするなどの反応があれば、その可能性が高いです。

過去に、玄関で鳴いていたときに飼い主さんがかまってくれたため「ここで鳴けば遊んでもらえる」と学習したのでしょう。かまってもらいたい気持ち以外にも、不安になる出来事があり、飼い主さんに何かをお願いしていることもあります。

3.外が気になる

ドアを開けようとする猫

猫にとって玄関の外は「縄張りの外」です。飼い主さんが玄関から出ていくのを心配している気持ちや、玄関の外に何があるのか気になる猫もいます。

外からは人、野良猫、鳥、車などの気配がしますし、外のニオイもしてくるので気になってしまうのでしょう。

ただ、脱走には注意しましょう。避妊去勢手術を受けていない猫は、発情期になると相手を探しに外へ出たがることがあります。

4.心地良い

床に寝そべる猫

おうちによって違いはありますが、玄関は日があまり当たらず、ひんやりしていますよね。床も冷たいので、猫が涼むためのお気に入りの場所になっていることがあります。

5.お出迎え

人の足に顔をつける猫

帰宅して玄関を開けたときに猫が待っていてくれると、とても嬉しいですよね。

猫によっては、飼い主さんが帰ってくる時間になると玄関で待っていたり、聴覚が優れているため遠くから聞こえる飼い主さんの音を聞いて玄関でスタンバイしていたりするんです。大好きな飼い主さんが帰ってくるのが待ち遠しいのでしょう。

まとめ

並ぶ3匹の猫

猫が玄関にずっといるのは、大好きな飼い主さんと離れたくない、かまってほしい、注目されたい、玄関の外側が気になる、涼しくてお気に入りの場所などの理由があります。

中には、飼い主さんが帰ってくる気配を感じて玄関で待つ猫もいます。愛猫はどんな理由で玄関にいるのか、チェックしてみましょう。

スポンサーリンク