猫が安心したいときによくする仕草3つ

猫が安心したいときによくする仕草3つ

猫の要求に応えられるようになると、飼い主さんとして愛猫から信頼されるようになります。ここでは猫が安心したい時によく見られる仕草についてまとめていきます。

3500view

猫の安心したい時の仕草

見つめる猫

猫にクールなイメージを持たれている方が多いと思われますが、実は感情表現が豊かな生き物です。

猫は言葉ではなくボディランゲージで伝えますので、仕草の意味を覚えるとコミュニケーションをとることがよりたやすくなります。そのため、飼い主さんは一つずつ覚えていくことが大切です。

中でも、猫が安心したい時に飼い主さんがすぐ動けるようになれば、愛猫からの信頼度も増すと思われます。

ここではその効果を狙って、猫が安心したい時に見せる仕草を紹介しますので、もし見つけた場合はすぐに落ち着かせてあげるようにして下さい。

1.ウロウロする

歩く猫

愛猫がいつもよりもウロウロしている様子を見かけたのであれば、それは安心したいサインの一つです。

もともと猫は自分の縄張りを持ち、そこを日々パトロールする生き物です。何か異変はないか、侵入者はいないかをチェックしているのです。そして、自分のつけた匂いを見つけて安心しようとするのです。

家猫であれば、「縄張り」とは家の中を指します。家具にスリスリして匂いをつけたり、その中にいる飼い主さんも匂いをつける対象となります。

引っ越しや模様替えといった猫のストレスが積み重なると、安心するためにいつも以上にパトロールをしてしまい、それが飼い主さんにはウロウロしている姿として映るのです。

2.隠れる

隠れている猫

警戒心の強い性格の猫であれば、飼い主さんの来客があっただけで隠れる猫もいます。これは来客を警戒して、安心できるまで隠れてやり過ごそうとしているのです。逆を言えば安心したら出てくるので、それまで少しピリピリしている状態です。

このような場合は考えなしに引きずり出しても、余計に怖がらせてしまいますので、出てくるまで待つか、もしくは来客のいる部屋とは違う部屋にあらかじめ行ってもらう、などと行った工夫が必要です。

3.鳴く

鳴く猫

お留守番をさせた後に飼い主さんと会った際に、大きめな通る声で鳴く猫がいます。これは「一人で寂しかったよ」と訴えている場合があります。

飼い主さんから見れば会った時に鳴いたという認識ですが、多くの場合飼い主さんが不在の時から鳴いていて、母猫を呼ぶかのように訴えていることがあります。そんなときはしっかり甘えさせてあげて、留守番の後には必ず帰って来ることを覚えてもらいましょう。

まとめ

覗く猫

猫からの安心したい気持ちを敏感に察知することで、「この飼い主さんは分かってくれる」という認識をしてくれます。

今まで以上に信頼関係を築けますので、いつもと違う様子には注意しましょう。

スポンサーリンク