猫が飼い主の『顔色を伺っている時』に見せる4つの行動

猫が飼い主の『顔色を伺っている時』に見せる4つの行動

猫は単独で生活をして、自由気ままでツンデレなので、飼い主さんの顔色を伺うようなことをするのは意外に思うかもしれません。しかし、猫は頭の良い生き物で、飼い主さんの様子をチェックするような行動をとるんです。

2496view

1.飼い主さんの顔を見る

首を傾げる猫

猫も人と同じように、顔を見て様子を確かめる行動をとることがあります。顔をじっと見て観察する、チラチラと見る、警戒しているような目で見るなど、猫のその時の状況によって微妙に表情が違うんです。例えば、悪さをしようとしているときは「いつもと変わらないよ。何もしないよ」という顔で、時々目を細めて飼い主さんの様子を伺っていることがあります。

また、悪さをした後はおびえたような表情で飼い主さんの顔を見ていることがあるんです。他には、飼い主さんがいつもより元気がなく、落ち込んでいるときは、可愛い顔つきで飼い主さんの顔を覗き込むこともあります。

2.離れた場所から様子をうかがう

キャットタワーにいる猫

あまりベタベタしないタイプの猫は、少し離れた場所から飼い主さんの顔色を伺うように見ていることがあります。また、飼い主さんがイライラしていたり、機嫌が悪そうだと思ったときも離れた場所から飼い主さんを見ています。

そういった時に飼い主さんの近くによっても良いことがないと学習しているのでしょう。反対に、飼い主さんの機嫌が良いと感じたときは「良いことがあるかもしれない」と期待して近くによって顔色を伺う賢い猫もいます。

3.鳴く

見上げて鳴く猫

「飼い主さんにお願いがあるけど、聞いてくれるかな?」なんて時、猫は飼い主さんの顔を見つめて顔色を伺ったり、鳴いて様子を伺ったりします。

大きな声で鳴いてみたり、小さな声で鳴いてみたり、猫によって違いますが、とりあえず鳴いて反応を確かめているんです。我が家の猫もこちらを見つめて小さく鳴くことがあります。特にパソコンで作業をしているときにそういった仕草が見られます。

4.いたずらをする

倒れた鉢植えと2匹の猫

普段やってはいけないと言われていることをするなど、いたずらをして飼い主さんの顔色を伺うこともあります。我が家の猫達は、いたずらをして私がどんな反応をするのか確かめているように振る舞う時があるんです。

ちょっとイライラしていると感じたときは、ずっといたずらをしようとしています。私が穏やかだと感じたときは喉をゴロゴロ鳴らして甘えるときもあります。顔色を伺っているのだと思うのですが、何か試されているようにも思えてしまいます。

まとめ

れもん

猫は飼い主さんの顔を見たり、離れた場所から観察したりして顔色を伺っています。他にも鳴いたり、いたずらをしたりして飼い主さんの様子を確認することがあるんです。ご紹介した行動を愛猫がしたときの状況や、飼い主さんの気持ちなどを照らし合わせると、猫が顔色を伺っていたことがわかるかもしれませんね。

スポンサーリンク