猫が急に『飛び跳ねる』ときの心理5つ

猫が急に『飛び跳ねる』ときの心理5つ

猫はジャンプして高い場所に飛び乗ることが得意です。しかし、飼い主さんが驚いてしまうほど急に飛び跳ねるときがあるんです。猫が突然ジャンプしたとき、どんなことを思っているのでしょうか?

1839view

1.びっくり

ジャンプする茶トラ猫

人も驚くと思わず飛び跳ねてしまうように、猫も驚いたときは飛び跳ねます。さっきまでなかった物が振り返ったらあった、嫌いな物や初めて見る物が急に動いた、何かに真剣になっているときに足元に何かを感じたときなど、猫は真上にジャンプをしてその場から逃げようとします。猫も驚いていますが、かなり高くジャンプするので、それを見た飼い主さんも驚いてしまいますよね。

2.強い不安

口を開ける子猫

猫によっては飼い主さんと離れることが寂しく、不安になってしまうことがあります。その不安が強すぎると問題行動としてあらわれるようになるんです。

飛び跳ねたり走り回ったりと落ち着きのない行動や、大きな声で鳴く、物を壊す、体調を崩す、自分を傷つける、トイレ以外の場所で排泄するなどの行動が見られます。猫を刺激しないで静かに出かける、猫としっかり遊ぶ時間を設ける、猫がストレスを感じている物がないか確かめる、病気がないか健康診断を受けるなどをして対策をしましょう。

3.狩り

緑色の草の上でジャンプする猫

猫がおもちゃで遊んでいると、キツネが狩りをするときのように、上にジャンプをして床にあるおもちゃを捕まえようとする行動を見せることがあります。

姿勢を低くして、お尻をフリフリさせるなどわかりやすい行動をせず、おすわりをしたまま静かに狙いを定めているようです。我が家の猫たちの中では1匹だけですが、その遊び方をする猫がいます。突然ピョンとジャンプをするので、びっくりしますが、キツネのような、子猫が遊んでいるような姿がとても可愛らしいです。

4.催促

見上げる子猫

飼い主さんと遊びたい、抱っこをしてほしい、甘えたい、ごはんがほしいなど、猫が飼い主さんにお願いしたいときに急に飛び跳ねて訴えることがあります。飼い主さんに向かって飛び跳ねて、そのまましがみついたり、肩に乗ろうとしたりする猫もいます。人間の小さな子どものようにおねだりが上手ですよね。

5.知覚過敏症

聴診器を当てられるグレーの猫

背中の皮膚が波打つようにけいれんする、瞳孔が開く、しっぽを追いかけるなどの行動が見られる知覚過敏症という障害があり、突然ジャンプをする猫もいます。ストレスなどが原因と言われていますが、はっきりとしたことはわかってはいないそうです。薬やサプリでの治療や、猫のストレスを取り除くための環境の見直しなど、猫にあった対処が必要となります。

まとめ

ジャンプする子猫

猫は身体能力が優れているので、飛び跳ねることは得意です。急に飛び跳ねるのは、何かに驚いたときや、おもちゃで遊んでいるとき、飼い主さんにお願いがあるときなどです。また、強い不安や知覚が過敏になる障害でも突然飛び跳ねることがあります。どんなときに飛び跳ねるのかよく観察して、猫の気持ちを探ってみましょう。

スポンサーリンク