猫の寝る場所でわかる『飼い主への信頼度』5選!今すぐ愛猫の位置をチェックしてみよう♡

猫の寝る場所でわかる『飼い主への信頼度』5選!今すぐ愛猫の位置をチェックしてみよう♡

猫が飼い主さんに寄り添って寝ている、実はそこに飼い主さんへの信頼度が示されている可能性があるんです。顔に近い、足元に近い、一緒には寝ない、猫が何を思っているのかご紹介します!

9378view

1.顔の近く

寝ている子どもと猫

飼い主さんの顔の近くで寝る猫は、とっても甘えん坊な猫が多いです。猫は子猫の頃、母猫やきょうだい猫と顔を近づけてくっついて寝ます。そのときと同じような子猫気分が抜けない甘えん坊なのでしょう。信頼度も高いと言えます。特に子猫は飼い主さんの顔にぴったりとくっついて寝ることが多いです。

猫によっては、飼い主さんにお尻を向けて寝たり、飼い主さんの上に乗ってお尻を飼い主さんの顔にくっつけて寝たりすることがあります。これは、飼い主さんを信頼しているから、無防備になる背後を安心して向けているんです。

2.布団の中

毛布にくるまって寝る猫

布団に潜って寝る猫は、寒がり、警戒心が少ない、甘えん坊な猫が多いようです。布団の中で飼い主さんのニオイに包まれて寝たいと思っているのでしょう。寝ていても、飼い主さんの寝相で潰される心配がない、猫が入れるスペースを確保してくれていることなどから「布団の中でも眠れる」と飼い主さんを信頼しているのだと思います。

我が家の猫にも、潜って寝るのが好きな猫がいて、時々私の布団に入って来ますが、私が少しでも動くと出てしまいます。「布団の中でも安心して眠れる」と猫が思ってくれないと、一緒には寝ないようです。

3.股の間

人の足の間で寝る猫

飼い主さんの足の間で寝る猫は、飼い主さんと一緒に寝たいけど邪魔されるのは嫌だと思っているようです。飼い主さんのことは大好きだけど、寝るときはあまりかまってほしくない猫がこの場所で寝ることがあります。また、布団の中か、布団の外かでも少し違って来るでしょう。布団の中ではすぐに逃げられませんが、布団の外ならすぐに逃げられます。

4.足元

人の足元で寝る猫

飼い主さんの足元で寝る猫も、飼い主さんのことは好きだけど、かまわれたくないというスタンスです。何かあればすぐに逃げられる場所を選んだのでしょう。

我が家にも私の足元で寝る猫が2匹います。性格は正反対ですが、共通しているのは「甘えん坊ではない」ところです。「飼い主を信頼しているが、ベタベタしたくない。だけど寝るときはくっついている方が安心する」と思っている猫は足元で寝るのかもしれませんね。

5.飼い主さんから離れた場所

なでられる猫

猫がぴったりと寄り添って寝てくれないからと言って、猫が飼い主さんを信頼していないというわけではありません。その猫の性格が「大人っぽい」ということなんです。飼い主さんとはくっついて寝なくても、飼い主さんが見える位置で寝るという猫もいます。

しかし、猫が飼い主さんから離れて寝るのは、飼い主さんに原因があるかもしれません。飼い主さんの寝相が悪すぎて、猫が一緒に寝ていられないという可能性もあります!

まとめ

オチビ

猫が添い寝してくれるとうれしいですよね。猫の寝る場所が飼い主さんの顔に近いほど信頼していたり、甘えん坊だったりするんです。また、猫がどんな気持ちでその場所を選んでいるのかもわかるかもしれません。愛猫がどこで寝るのかをチェックしてみましょう!

スポンサーリンク