猫が嫌がっている『飼い主のニオイ』3選!敏感な嗅覚に○○な匂いはNG!

猫が嫌がっている『飼い主のニオイ』3選!敏感な嗅覚に○○な匂いはNG!

猫は人間よりも優秀な嗅覚を持っています。そのため人間では気にならないようなニオイも、猫にとっては不快だったりするのです。

1964view

猫ちゃんの嫌いなニオイ

嫌がる猫

猫にも苦手なニオイがあることをご存知でしょうか。犬ほどではないのですが、猫の嗅覚は人間よりも優れています。

人間にとっては良い香りであっても猫にはとっては不得意なニオイであったりする事があります。このことに気づかずに室内を苦手なニオイをさせたままだと、猫にとってはストレスとなり体調不良につながる可能性があります。

今までお気に入りの芳香剤や香水、ニオイのするものが猫にとって苦手なニオイではないかを確認し、また可能なことであれば香料系のものは避けるようにした方が猫にとっては快適と言えるでしょう。

今回は猫が苦手なニオイをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.柑橘系

花の匂いを嗅ぐ猫

人間にとっては人気のある柑橘系の香りも、猫にとっては苦手なニオイの中に入ります。

元々猫という生き物は肉食動物であり、野生の世界では、目の前にある肉が食べられる状態のものなのかどうかが、生死を分けることにもつながります。

その時に役に立つのが猫の嗅覚です。匂いを嗅ぐことによってこの肉は腐っていないかどうかを確認して、食べていたのです。

腐っているかどうかは酸っぱさ、いわゆる酸味があるかどうかをニオイを嗅ぐことで確認していたので、酸味を含む柑橘系のニオイは猫にとって不快に感じてしまうのです。

2.メントール系

嗅いでいる猫

上記の理由から、酸味のあるニオイは猫にとって苦手なニオイです。そのため人間がよく使っている湿布やリップクリームの香料にもあるメントール系のニオイも苦手なのです。

比較的刺激が強いニオイですし、酸味が含まれています。しかしこのメントール系を避ける猫がいる一方で、なんだかマタタビに含まれているニオイに似ていると感じて舐める猫もいます。

そのためこのニオイは、個体差によって「気に入る」「気に入らない」が分かれるそうです。

3.アロマやハーブ系

匂いを嗅ぐ猫

人間にとって癒しの香りとして多く使われるアロマやハーブ系も、猫にとっては苦手な香りとなります。

それだけではなく、猫にとっては毒になってしまう成分が含まれている可能性が高く、中毒症状を引き起こしてしまう事があります。

猫の体では柑橘類の皮にも含まれている「リモネン」という成分を分解する事ができず、体内に蓄積してしまう事で、手足の震えなどにつながってしまうのです。

ハーブも猫にとっては毒となるものがありますので、なるべく触れる事ができない場所で保管するようにしましょう。

まとめ

リラックスしている猫

意外にも人間にとってプラスに働く香りの成分が、猫にとっては不快になるものが多いように感じました。

知識として知っているかどうかで猫のストレス量が変わりますので、ぜひ上記の香りは控えるように心がけましょう。

スポンサーリンク