猫の死を招くことも…飼い主が絶対避けるべき『観葉植物』5つ

猫の死を招くことも…飼い主が絶対避けるべき『観葉植物』5つ

自然を感じられた方が猫にとっても良いのでは?と思って置いた観葉植物が、大変な事態を引き起こすことがあります。多くの観葉植物が猫にとっては有害です。その中でも絶対に避けたいものを5つ挙げてみました。

2018view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.ユリ科

アガベ

アガベやアスパラガスなどユリ科の観葉植物は猫にとって危険です。葉を少しかじっただけでも中毒になってしまうことがあるのです。ユリ科植物の毒性は猫にはかなり強く作用しますので、命に関わることがほとんどです。

治療法もないまま腎不全に陥り、死に至ってしまうことがあります。ですから絶対に、ユリ科の観葉植物は室内に置いてはいけません。肉食だから植物など興味ないだろうと思いますが、猫は好奇心旺盛な動物。

意外にも興味を持って近づき、葉をかじろうとすることは多いのです。ですから十分に気をつけましょう。

2.ポトス

ポトス

初心者でも扱いやすく、人気のある観葉植物であるポトス。実は猫には有害です。シュウ酸カルシウムやたんぱく質の成分が悪影響を与えます。

万が一猫が口にすると口の中や皮膚に炎症が起き、食欲不振や衰弱などになる可能性が。室内に観葉植物を置きたい気持ちも分かりますが、猫の安全を考えるとない方が安全でしょう。

3.サボテン

サボテン

サボテンにも、猫にとって毒性があるものがあります。またトゲが刺さるのも危険です。あの独特のフォルムに興味を持ち、ちょっかいを出そうとする猫はいるでしょう。

中毒、ケガの両方の危険性がありますので、猫の手が届く場所には置かないようにするのがベストです。

4.多肉植物

多肉植物

アロエをはじめとした多肉植物も危険です。皮と葉にあるバーバロインという成分が、下痢や腎炎を引き起こしてしまうのです。ですからアロエも猫が触れないように注意しましょう。

ただ、バーバロインが少ない果肉部分は猫が口にしても大丈夫な場合が多いです。意外とアロエを使っている猫用商品もあります。猫が初めて口にする時は少量から様子を見つつ与えるようにしましょう。

5.ドラセナ

ドラセナ

種類が豊富なドラセナ。その中でも「幸福の木」という呼び名で親しまれている「マッサンゲアナ」というドラセナが人気です。人にとっては幸福でも、猫にとってはそうではありません。

葉に強い毒性があるため、万が一口にしてしまうと大変です。下痢、嘔吐、麻痺などで苦しむ可能性があります。最悪の場合は命に関わることもありますので、猫が行ける場所には絶対に置かないようにしましょう。

まとめ

観葉植物

あると場が和む観葉植物ですが、猫にとっては和むどころか命の危険性まである恐ろしいものなのです。知らずに口にしてしまうことがあります。十分に気をつける必要があるのです。

スポンサーリンク