猫が『そっとしておいてほしい時』にしている仕草や行動3つ

猫が『そっとしておいてほしい時』にしている仕草や行動3つ

猫ちゃんが「ひとりで居たい」と思っているのにかまい続けてしまうと、猫ちゃんが不快に思って嫌われてしまう恐れがあります。猫には「そっとしておいて」という時の行動がありますので、その行動が見られた時にはかまうのを止めた方が良いでしょう。今回は猫の「そっとしておいて」のサインを解説いたします。

1647view

1.呼んでも反応しない

布団の上で眠る猫

気分が乗らない時やクールな子はスルーすることも多い

猫は自分の名前を覚えることができます。しかし猫の場合は犬のような「呼び戻し」のトレーニングは難しいため、猫ちゃんの気分が乗らなければ名前を呼んでもスルーすることも多いです。

猫ちゃんの性格によっても差があり、名前を呼ぶとすぐに飛んでくる子もいればもともと反応が薄い子もいます。

自ら駆け寄って来る時はかまってほしい時かも!

猫ちゃんの名前を呼んだ時に振り向いて注目したり「待っていました!」と言わんばかりに駆け寄ってくる時には、猫ちゃんがかまってほしいタイミングである可能性が高いです。

しかし名前を呼んでも無反応であるときには、ひとりでゆっくりしていたい時かもしれません。

2.気配を消す

家具から顔を覗かせている猫

ひっそりひとりで休みたいのかも

猫は足音もあまりせず静かに動けるので、気配を消すのがとても上手ですよね。ふと気が付いた時に愛猫の気配がなく「どこ行っちゃったんだろう?!」とビックリしてしまうことも。

もし猫ちゃんが飼い主さんのそばにいなかったり、どこかにひっそり隠れている様子であれば「干渉されたくない」というタイミングである可能性が高いです。

恐怖で隠れている時にはそっとしておこう

猫は恐怖を感じた時に身を隠したがりますので、非常に臆病な猫ちゃんは知らない人が家に来た時にも物陰に隠れて気配を消すことがあります。

恐怖で隠れている猫は緊張状態でストレス下にありますので、無理に近付いたりせずそっとしておいてあげましょう。

3.手の届かない高所に上る

キャットステップに座って見下ろす猫

「邪魔されたくない」と思っているかも

猫は上下運動を好みますので、棚や冷蔵庫など高い場所に上ることもありますよね。猫ちゃんが飼い主さんの手の届かないような場所に上っている時にも、ひとりでゆっくり休みたい時であることが多いです。

猫の世界では「高い場所に居る方」が優位

猫の世界では他の猫と会った時に「高い位置にいる方が優位」という感覚があるようで、高い場所にいる猫ちゃんはちょっと強気になれるのです。

猫の祖先が木の上で生活していたという歴史や、高い場所の方が敵や他の猫に干渉されにくいということにも関係がありそうですね。

まとめ

かごの中で眠る猫

今回は猫の「そっとしておいて」のサインを3つ解説いたしました。

  • 名前を呼んでも反応しない
  • 気配を消して隠れている
  • 手の届かない高所にいる

このような様子の時には、猫ちゃんは「ひとりで居たい」と思っている可能性が高いです。猫はかまってほしい時には自ら近付いて来てくれるので、猫が自ら近付いてきたりアピールしてこない時には基本的にそっとしておいた方が良さそうです。

特にこの3つのような様子のときには、無理にかまったりしつこくすると怒らせてしまうこともあるため注意しましょう。

スポンサーリンク