猫同士で『くっついて寝る』心理5つ

猫同士で『くっついて寝る』心理5つ

公園などで野良猫たちがくっついて眠っていたり、家の中で多頭飼いしている猫たちが一緒に眠っている姿を見たことがある人は多いですよね。一体なぜ猫は一緒にくっついて眠る習性があるのか、本記事ではそんな猫の気になる生態について紹介していきます。

600view

猫同士でくっついて眠る理由を徹底解説!

くっついて眠る子猫

“猫がくっついて一緒に眠っている姿”は、見ているだけでほっこりとした気分になれますよね。実はこのほっこりとする猫の行動にも、きちんとした意味があるのです。

どのような理由で、猫は一緒にくっついて眠るのか、詳しく解説していきます。

1. 寒いから

くっついて眠る子猫

猫の平均体温は約38度もあります。そのため、寒い時期になると猫同士でくっついて暖をとることがあるのです。

人間の体温よりも猫の体温のほうが高く、くっつくだけですぐに暖をとることができるので、冬限定でくっついて眠る猫もたくさんいます。

2. 一緒にいると落ち着くから

くっついている猫

母猫と一緒に行動している子猫や、仲良しな猫のそばにいたがる寂しがり屋な猫の場合、眠る時も大好きな相手と一緒にくっつきたがる傾向にあります。

一緒に眠ることによって安心感を得られたり、落ち着くことができるので、常に行動を共にしているのでしょう。

3. お気に入りの場所が他の猫と被っているから

くっついている猫

ふかふかのベッドや、ゆっくりとくつろぐことができる猫用ハウスなど、”猫にとって居心地の良い場所”に猫が密集してしまい、その結果猫同士がくっついて眠ることになる…といったケースもよくあります。

「別に他の猫と一緒に眠りたいわけではないけど、お気に入りの場所を譲りたくないし、仕方ないからくっついて眠ろう…」と思いながら、猫は眠っているのでしょうね。

4. 我が子を守りたいから

子猫と親猫

立場の弱い子猫を守ろうとしている母猫の場合、大切な我が子を守るために眠る時も常にくっつくことがあります。

眠っている時もそばにいれば、天敵が近づいてきたり、思いがけないハプニングが起こったとしても、すぐに我が子を守ることができるからです。

子供を本気で守りたい!と思っている母猫ならではの心理といえますね。

5. 他の猫を枕やクッション代わりにしたいから

くっついて眠る猫

猫のからだはもふもふしていて、触っているだけでとても心地よいですよね。そのため、なかには他の猫を枕やクッション代わりにして眠る子もいます。

ただし、枕やクッション代わりにされた猫からうざがられて、すぐに逃げられてしまったり、不機嫌になってしまうケースも多いようです(笑)

まとめ

門松ちゅ

猫同士でくっついて眠るのには、さまざまな理由や猫の心理が隠されているようです。猫同士でくっついている姿を目撃した際は「どのような理由でくっついているのかな?」と考察してみるのも楽しいかもしれませんよ!

スポンサーリンク