猫が『しょんぼり』してしまう原因5つ

猫が『しょんぼり』してしまう原因5つ

何となく元気のない愛猫。一体どうしてしまったというのでしょうか?もしかしたら何かがあってしょんぼりしてしまったのかもしれません。その原因を確認していきましょう。

2795view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.期待ハズレ

がっかりしている猫

飼い主さんが開けた何かのパッケージの音。それは袋かもしれませんし缶かもしれません。猫にしてみれば「もしかしておやつ?」と期待が高まります。

おやつが貰えると思ってダッシュで駆けつけたのに…。飼い主さんが開けていたのは猫とは何にも関係のないものでした。こんな場面に出会ったら、猫は期待ハズレでしょんぼりしてしまうかもしれません。

「せっかくおやつかと思ったのに…」がっくりを肩を落とす猫の姿が、目に浮かびます。

2.失敗を笑われた

落ち込んじゃった猫

身体能力抜群の猫でも、時には失敗することがあります。ジャンプしたのに落ちてしまったり、狭い場所に挟まって抜けなくなったりなど…。

そんな場面を飼い主さんに見られて笑われたら、しょんぼりしてしまうことでしょう。プライドが高い生き物なので、平気そうに見えて実は傷ついている可能性が。

そんなことにならないよう、たとえ猫が失敗したところを目にしたとしても、笑わないように注意してください。もれ出そうな笑い声をどうにかしてこらえるのです。そして猫がいないところで思いっきり笑うようにしてください。多分、バレずに済むでしょう。

3.飼い主さんに叱られた

いじけ猫

登ってはいけない場所に乗った。何かを落として壊してしまったなど、飼い主さんに叱られてしまうことがあると思います。叱られたことでしょんぼりとしてしまうこともあるのです。

ですから、叱りすぎには注意しましょう。信頼関係にヒビが入ってしまうかもしれません。そもそも猫を注意してその行動を制限するのは結構難しいので、猫ができないように工夫する方が簡単です。

飼い主さんが叱る必要のないように、環境を整えて行くことをオススメします。

4.病院

放心状態の猫

病院が好きな猫はほとんどいないでしょう。そのため、連れて行かれた後はしょんぼりしてしまうことがあります。ただでさえ慣れない外の世界に連れて行かれる上、見知らぬ人や動物、痛い治療などで心身はボロボロです。

帰宅するともう、倒れこむように休んでしまうでしょう。そんな時は猫が好きなおやつを頑張ったご褒美として与えるのがオススメです。元気を取り戻してくれると共に、病院に行くことへの抵抗感が薄くなるでしょう。肥満には気をつけながらうまくおやつを活用してください。

5.家族に何かあった

寂しげな子猫

猫にとって飼い主さん一家や他の動物も環境の一部です。もし誰かが欠けたとしても、ストレスを感じてしまうことがあります。いつもいる存在がいなくなった…。その事実にしょんぼりしてしまうのです。

仕方のない場合もありますが、なるべく周りの環境を変えないように気をつけてあげましょう。たとえしょんぼりしてしまったとしても、飼い主さんの深い愛情を惜しみなく与えていけば元気を取り戻してくれるでしょう。しっかりとケアしていきましょう。

まとめ

下を向く猫

猫はとても繊細な生き物です。飼い主さんからしたら大したことない、と思うようなことでもしょんぼりしてしまうことがあるのです。それがストレスとならないように注意してあげてください。体調不良となって現れたら、後が大変です。

スポンサーリンク