片付いていない場所はNG!汚部屋が猫に危険な理由5つ

片付いていない場所はNG!汚部屋が猫に危険な理由5つ

猫が自由に暮らすにはある程度家の中がスッキリしている必要があります。それではなぜちらかっている部屋では危険なのか考えてみましょう。

429view

1.誤飲や誤食の危険性

上を向く猫

猫は好奇心が旺盛で、色々な物を口に含んで安全性を確認することが多いです。飲み込んでしまいがちな大きさのペットボトルのふたやヒモ状の物が部屋にちらかっていると、喉を詰まらせてしまうかもしれません。

そして飼い主の食事の残り、人間用の薬、サプリメントを誤飲してしまった場合は猫の命に関わり危険です。

2.物が落ちてくる

落ちた植木鉢の横にいる猫

猫は用心深く身体にセンサーが沢山あるので猫自体落下する危険は少ないのですが、片付いていない部屋にある物が上から猫に落ちてくる事があります。

猫より軽い物なら猫も避けれるでしょう。しかしガラスや植木鉢など重たく割れる可能性がある物は、猫の上に落ちると危険です。

 

3.衛生害虫などの発生

ちらかっているテーブルに乗る猫

物が溢れている部屋はダニ、ハエ、ゴキブリ等の衛生害虫やネズミなど、様々な感染症を媒介する生物が発生もしくは繁殖するおそれがあります。

ゴキブリやネズミを猫が食べてしまえば、猫に感染症や寄生虫などが移ってしまいます。衛生害虫が食べるだけではなく腐った食品を猫が口に入れてしまい、中毒症状の出るおそれもあります。

4.空気が淀む

トイレから出る猫

部屋が片付けられないのであれば、猫のトイレ掃除にも手が回らないかもしれません。猫は綺麗好きなので汚物の残っているトイレを避けて、部屋のあちらこちらで粗相をする可能性が高くなります。

猫の抜け毛も部屋中にあると、全体的に空気が淀み猫にもストレスが溜まってしまうでしょう。

5.動線を確保できない

ダンボールの中にいる猫

部屋が散らかっていると、猫の動線を邪魔するので好きなように歩き回ったり運動ができなくなり、猫にストレスがかかってしまいます。問題行動を起こすようになり、飼い主もイライラするようになりお互いに気持ちよく暮らせなくなってしまうでしょう。

まとめ

散らかっている部屋の猫

片付いていない場所はNG!汚部屋が猫に危険な理由5つについてお伝えいたしました。

猫を飼うと掃除をするようになったという飼い主さんが多いですが、部屋が散らかっていても気にならない人も少なくはありません。

しかし生活に支障があるような部屋の汚れ方は、飼い主にも猫にも悪い影響を及ぼします。言葉の通じない違う種類の生き物と暮らすのであれば、用心にこしたことは無いでしょう。

スポンサーリンク