好かれたい一心で…実は猫にNGな行為4つ

好かれたい一心で…実は猫にNGな行為4つ

猫に好かれたい飼い主さんが飼い猫ちゃんにしていることはたくさんありますよね。ですが中には間違っていることもあるのです。本記事では良かれと思ってやっていることが実はNG行為だったというお話をしたいと思います。

1719view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. 人間の食べ物を与える

キャットフードを食べている猫

基本的に猫には人間の食べ物を与えてはいけません。人間の食べ物は猫にとって塩分が多かったり、肥満の原因になったり、猫が中毒症状を起こすものがあったりするため、食べさせてはいけないのです。

欲しがるから、可哀相だから…といった理由で人間の食べ物をつい与えてしまう飼い主さんもいらっしゃいますが、これは猫の健康のために良くないのですよね。本当に猫のためを思うのであれば人間のご飯を欲しがったとしてもきちんとキャットフードを与えるようにしなくてはいけません。

2. 人間用の薬を与える

様々な種類の薬

猫の体調が悪いときなどに「これくらいの量であれば大丈夫だろう」と人間用の薬を飲ませる飼い主さんもなかにはいらっしゃいます。特にお腹の調子が悪い猫に整腸剤を与えたりする事例が多くありますが、自己判断で人間用の薬を与えてはいけません。

猫が下痢をしたり体調が悪くなったりしたときには、速やかに動物病院を受診することをお勧めします。飼い主さんの勝手な判断で人間用の薬を与えることは、猫にとってリスクしかありません。可哀相だから早く治してあげたい…と思うのであれば、すぐに人間用の薬を飲ませるのではなく、動物病院に連れて行ってあげるほうが良いでしょう。

3. シャンプーのあと自然乾燥させる

シャンプーの後にドライヤーで乾かされている猫

猫は頻繁にシャンプーをする必要はありませんが、どうしてもシャンプーしたいときはありますよね。ですが、シャンプーをしたあとにドライヤーを怖がるからといって自然乾燥させるのは猫にとって良くないのです。

シャンプーをしたあとにドライヤーを使わず自然乾燥させると、いつまでも毛の中のほうが乾かず、皮膚のトラブルを引き起こす可能性があるのです。どうしてもお風呂に入れたい、シャンプーがしたい場合には、きちんとドライヤーを使って被毛の根元から乾かしてあげるようにしましょう。

4. 追いかけ回す

キャットタワーの上の猫に手を伸ばす子供

特に小さなお子さんのいるご家庭で多いのですが、お子さんが猫と遊んでいるつもりで猫を追いかけるというパターンです。大人にとっては小さな子供でも、猫にとっては大きな人間です。追いかけられれば恐怖を与えてしまいます。

もしお子さんが猫と追いかけっこをしているところを目撃したら、飼い主さんは猫を逃がしてあげるようにしなくてはいけません。お子さんと猫が追いかけっこをしているような光景は微笑ましいかも知れませんが、猫に強いストレスを与えてしまいます。猫に隠れられる逃げ場所を確保してあげることが大切です。

まとめ

愛おしそうに子猫を抱きしめる女性

猫に好かれたいから、猫のためを思って…と自己判断でいろいろなことをしてしまう飼い主さんもいらっしゃいます。ですが、実はその中には猫にとって危険な行為もあるということを忘れないようにしてあげてください。

飼い主さんが良かれと思ってしてあげたことが、猫にとって良くないことだったら悲しいですよね。そのためにも猫を飼うときにはきちんとしては良いこととしてはいけないことを学ぶ必要があります。猫に好かれたいのであれば甘やかすだけでもいけませんし、不確実な情報を過信することもしないようにしてあげましょう。

スポンサーリンク