猫が「盗み食い」しがちな物3つ

猫が「盗み食い」しがちな物3つ

猫ちゃんと暮らしていると、必ずと言って良いほど愛猫の盗み食いの被害を受けます。どんなものが狙われるのか、可能性として高いものをまとめてみました。

589view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

猫ちゃんの盗み食い

台の上のチーズを盗ろうとする猫

猫ちゃんを飼っている家庭では、一度は困ったことがあるのではと思われるのが「盗み食い」です。一緒に暮らしていると猫ちゃんは自分のご飯と同じように、人が食べているものも虎視眈々と狙っています。

我が家の猫ちゃんも料理をするときにぴったりと後ろについて、何か美味しそうな食材を落とさないかどうか見張っていることが毎日です。もちろん料理し終えた後も何か落ちていないか熱心に探しているほどです。

猫ちゃんにとってご飯を食べることは本能的な行動なので、なかなかやめてと言ってもやめられることではありません。飼い主さんはどんなものが盗み食いされやすいのかを把握しておき、防止に努めましょう。

1. 人間の食べ物(夕ご飯など)

テーブルの上に置かれた食事を食べようとする猫

おうちで夕ご飯などを作っている時、つい出来たおかずをテーブルの上に並べたまま、次のお料理を作っていると猫ちゃんに狙われてしまいます。

テーブルから少し目を離すと、気づけばテーブルの上に伸びている猫ちゃんの姿を見てしまうことでしょう。猫は賢い生き物ですので普段はそんなことをする素振りを見せなくても、飼い主さんの目が離れた隙を狙う子もいます。

猫ちゃんの手の届かないところに置くか、せめてラップなどをして何かガサッと音がしたときに反応ができるようにしておきましょう。特にお腹が空いている猫ちゃんにとっては、人間の食べ物であってもご馳走になってしまうのです。

2. ゴミ箱の中身

倒れたゴミ箱の中を見る猫

猫ちゃんのいる家庭では、なるべく蓋つきのゴミ箱をお勧めします。蓋のないゴミ箱だとお腹が空いた猫ちゃんに漁られることがあります。

普段飼い主さんが食べたお菓子のクズやシンクの中にあった三角コーナーに入っていた食材の破棄する部分なども、猫ちゃんは匂いを嗅ぎたがってしまうのです。

あわよくばそのまま自分の食料にしてしまおうと考えるので、なるべく匂いの漏れないゴミ箱を設置して予防するようにしましょう。

3. 牛乳

お皿に入ったミルクを飲む子猫

コップに牛乳を注いでおき、そのままテーブルの上に置いておくと、自分のミルクと勘違いした猫ちゃんがコップに顔を突っ込んで一生懸命に舐めようとすることがあります。

一般にスーパーで売られている牛乳は猫用として調整されているものと異なりますのでお腹を壊してしまうこともあります。牛乳だけではありませんが飲み物であっても油断せずに、猫ちゃんの手が届かないところで管理できるようにしておきましょう。

まとめ

テーブルの上の食べ物を見て舌舐めずりする猫

猫ちゃんにとっては、それが猫用のご飯なのか人間用のご飯であるかは判別がつきません。全部食べられるものと判断してしまいますので、きっちりと判断ができる飼い主さんが管理できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク