猫から『一緒に寝たい』と選ばれる飼い主の特徴5つ

猫から『一緒に寝たい』と選ばれる飼い主の特徴5つ

猫を飼ったら一緒に寝るのが憧れという方は多いのではないでしょうか。ですが、猫も一緒に寝るには条件があるようです。どのような飼い主さんなら猫が寄り添って寝てくれるのでしょうか。

6823view

1.母猫のように思われている

母猫と子猫

猫はお世話をしてくれる飼い主さんのことを母猫のように思っています。そばにいて安心、信頼ができると猫が思っている人と、寝るときもくっついていたいのでしょう。また、子猫の頃は母猫やきょうだい猫とくっついて寝ています。飼い主さんにぴったりくっついて寝る猫は、その頃のように子猫気分が抜けないのかもしれません。

一緒に寝てくれないからといって、猫が飼い主さんを信頼していないわけではありません。精神的に自立した性格の猫は、ベタベタすることが少なく、寝るときも1匹で寝ています。それでも、飼い主さんが見える場所で寝ているということもあるんです。また、冬はくっついて寝るが夏は1匹で寝るなど、季節によっても変わることがあります。

2.寝相が良い

ベッドで寝る人と猫

一緒に寝るからには猫も寝相が良い人を選びます。寝てる間に何度も動く、あちこち動く飼い主さんのそばではゆっくり眠れない上に、つぶされてしまうかもしれません。布団に入ったときは猫がそばにいたのに、朝になったら別の場所で寝ていたというときは、もしかすると飼い主さんの寝相が悪くて猫が離れた可能性があります。

3.寝心地の良い布団を使っている

ベッドで丸くなって寝る猫

猫は寝床へのこだわりが強い場合があります。飼い主さんが猫が好む素材の布団を使っていると、猫が飼い主さんと一緒に寝ようとします。布団の柔らかさが好き、布団カバーやシーツの肌触りが好き、などがあります。

4.猫が守りたいと思う存在

子どもと寝る猫

猫にとって飼い主さんは自分の所有物という存在であったり、何もできない子猫だと思うことがあるようです。飼い主さんにスリスリするのは、甘えたいアピールでもありますが、自分のニオイをつけて自分の物であるとアピールしているということでもあります。自分が守らないといけないため一緒に寝て、何か異変があればすぐに起きて警戒する、飼い主さんのボディガードみたいですね。

5.猫を受け入れてくれる人

寝相の悪い猫と一緒に寝る男性

猫が一緒に寝ようと近づいたときに、猫のためにスペースを開ける、猫が布団に潜りやすいようにトンネル状にあける、猫の寝相が悪くても猫に合わせてくれるなど、猫が眠れるように受け入れてくれる人は選ばれる可能性が高いでしょう。

まとめ

きなこ

猫が一緒に寝たいと思う飼い主さんは、猫との信頼関係が母猫と子猫のような人や、寝相がいい人などが選ばれます。一緒に寝るには猫が安心できることが重要です。また、猫が好きな素材の布団やシーツなどを使ってみると一緒に寝てくれるかもしれません。愛猫がどのような基準で一緒に寝る人を選んでいるのか観察をしてみましょう。

スポンサーリンク