猫が飼い主に撫でられたとき『目をつぶる』心理5つ

猫が飼い主に撫でられたとき『目をつぶる』心理5つ

なでられている時の愛猫は、おもむろに目をつむることが多いように感じます。なでられて目をつむってしまう猫たちの気持ちはこれいかに?特になんとも思っていない場合や、中にはビックリしている場合も!今回は「猫がなでられて目をつむる時の気持ち」について考えてみたいと思います。

3026view

1.びっくりした!

胸の上に座って頭を触られている猫

なでようと手を近付けたタイミングで猫ちゃんが目をつむった場合は、いきなり頭や顔に手が近付いたことでビックリして反射的に目をつむってしまったのかもしれません。特に上から頭を触ろうとすると手を振り下ろす動作になるため、猫ちゃんにとっては「叩かれる!」とビックリしやすいです。

猫をなでる時には

  • 猫の顔の前に手を差し出す
  • 猫の視界に入る部分からなでる
  • 強い力で触らない

などを意識してみると猫ちゃんがビックリしにくくなります。

2.気持ち良いなぁ♪

喉をなでられて目をつむる猫

なでられて気持ち良く感じている時には、まるで私たちが肩を揉まれて目をつむってしまうように猫も目をつむってなでられるのを堪能します。「あ~そこそこ~♪」と言っているような表情から、猫ちゃんがどの部位をどのようになでられるのが好きなのか知ることもできますね。

3.どうぞなでてください!

耳の後ろをなでられている猫

自ら差し出している?

なでられるのが好きな猫ちゃんは、飼い主さんが手を差し出すと「さぁさぁ、どうぞなでてください」と言わんばかりに目をつむることもありますね。または自ら飼い主さんの手に顔をスリスリして「なでて」とおねだりする時に、頬や頭をこすり付けるために目をつむることも。

臭腺がある部分は気持ちよく感じやすい

猫がよくスリスリしてくる

  • あごの下
  • おでこ

などの付近には臭腺があり、匂いを付けることでマーキングをしたり相手に友好的な気持ちを伝えたりします。上記のような部位の猫の顔の匂いは「フェイシャルフェロモン」と呼ばれ、猫は自分のフェイシャルフェロモンが付いて匂いに満ちている空間にとてもリラックスできます。

ちなみに猫たちがこすり付けている匂いは人間には感知できず、匂いを感じません。猫は臭腺があるところをなでられると気持ちよく感じやすいため、猫ちゃんをなでる際にはぜひ意識してみてください。

4.ありがとう♪

頭をなでられて目をつむる白猫

猫は友好的な気持ちを伝えるときに、ゆっくりとまばたきをしたり目を細めることがあります。猫にとって目をじっと見つめ続けることは「敵意」と受け取られる恐れがあるため、好きな相手にはわざと目を閉じることで「敵意はないです」と伝えます。

これが転じて、猫が飼い主さんの目を見た時にゆっくりとまばたきをしたり目を細めるのは「好きだよ」のサインです。飼い主さんになでてもらってしあわせな気持ちになった猫ちゃんが「気持ちが良いよ、ありがとうね」と伝えている可能性もあります。

5.特に気になりません

喉をなでられて横たわる猫

猫はとても臆病な動物なので、心を開いていない相手に近付かれたり、ましてや触られるといったことが苦手です。しかしそんな猫たちの中にも「細かいことは気にしません」という大らかな子もいます。飼い主さんがなで続けていても特に気にせず、そのまま入眠してしまうほどリラックスできる子も!

まとめ

なでられて片目をつむる猫

今回は「なでた時に目をつむる時の猫の気持ち」について解説いたしました。猫がなでられている時に目をつむる表情は、ウットリしているようにもニッコリ笑っているように見えてほっこりしますよね。

しかしギュッと目をつむる場合には、顔をいきなり触られてビックリしたり「叩かれる!」と身構えてしまっているかもしれませんので、猫ちゃんに触れる時にはゆっくりと優しく手を近付けてあげると安心しやすいでしょう。

「ごくらくごくらく~♪」と飼い主さんの手を堪能している猫ちゃんの表情からは、どの部分をどうなでられるのが好きなのかを知ることもできますね!

スポンサーリンク