猫が人の『腕にしがみつく』ときの心理4つ

猫が人の『腕にしがみつく』ときの心理4つ

みなさんの愛猫ちゃんは腕にしがみついてきますか?我が家には猫が3匹おりますが、しがみついてくる子が1匹います。よくしがみついてくる子と全然しない子がいるかと思いますが、飼い主さんの腕にしがみついてくる時はどのような気持ちなのでしょうか?

1705view

1.恐怖や不安

赤い服の人に抱っこされている猫

我が家のしがみつきっ子は、動物病院の診察台の上でしがみつきを発揮します。その子を診察台へ乗せると、後ろ足だけで立って前脚でガシッと私の腕にしがみつきます。

その姿から察する通り、おそらく愛猫は「怖すぎる…なんとかして…!」という気持ちでしがみついているのでしょう。その姿はまるで人間の幼い子どものようでなんとも言えない雰囲気です。

2.本能的なじゃれつき

腕を噛む子猫

猫同士で取っ組み合いをして遊ぶ時または相手を遊びに誘う時に、全身で相手にガバッと抱きつくようにじゃれつくことがあります。猫の遊びとは狩りごっこなので、このガバッと抱きつくような行動もその1つです。

猫は興奮すると狩猟本能がかきたてられるため、つい相手に狩りをしかけてしまうということが考えられます。飼い主さんの腕に抱きつくのもこれと同じ理由で、飼い主さんと遊びたい気持ちで腕にしがみついてしまうことがあります。

この時にはしがみついた後に後ろ足でケリケリされることも多いですね。ケリケリも猫の狩りの方法の1つなので、飼い主さんの腕を獲物に見立てて襲いかかってしまっているのでしょう。

3.かまってほしい

男性に抱っこされる猫

猫はさまざまな経験によって学習しますので、どうすれば飼い主さんが自分に注目してくれるのかを覚えていることも多いです。たとえばそれが「腕にしがみつく」という方法であれば、猫ちゃんが飼い主さんに自分の方を向いてほしいときやなでてほしい時、おやつや遊びなどの要求がある時にその方法で飼い主さんにアピールするでしょう。

我が家のしがみつきっ子の愛猫は鳴いても私が注目しない時に、立っている状態の私の腕に垂直飛びでしがみつこうとしてくるところが要改善点です。いきなりジャンプでしがみついてこられるとビックリして声を出してしまったり、ついつい愛猫の方を見てしまうので「こうするとこっち見てもらえる」と学習してしまったことが原因と考えられます。

4.飼い主さんの手を満喫したい

手にじゃれつく猫

猫ちゃんが飼い主さんの腕の手首に近い部分にしがみついて、自分の顔を飼い主さんの指先にスリスリしてくることがあります。

これも猫の甘えの1つで、思う存分飼い主さんの指や手のひらにスリスリするために「離しません!」というくらいギュッとしがみついてくることも。よほど飼い主さんの手がお気に入りか、または飼い主さんの手から興味深い匂いがしているという可能性もあります。

まとめ

なでられて見つめる猫

愛猫がそのカワイイ手でギュッとしがみついてくるとキュンとしますよね。しかし時にはタンッ!と音が鳴るくらい激しく抱きついてくることもあって、突然の衝撃にとてもビックリしてしまいます。

猫が飼い主さんの腕にしがみつく時の気持ちは

  • 恐怖や不安を感じている
  • 本能的なじゃれつき
  • かまってほしい
  • 飼い主さんの手を満喫したい

などが考えられます。

じゃれついてしがみついてくる時には爪が出ていたり、噛みつきやケリケリなどの攻撃があったりして痛い思いをするかもしれません。愛猫のしがみつきが攻撃性を帯びている場合には大きな声で「やめて」といって愛猫から離れたり、痛いのをガマンしてノーリアクションを貫くと「こうしても良いことは起こらない」と学習し直してくれることが期待できます。

不安や恐怖でしがみついている場合は、その恐怖の対象から遮断してあげることが1番ですが、動物病院ではそうもいきません。我慢してもらう必要がある場合には、かわいそうに思って過剰に声をかけたりなでたりすると余計に不安になりやすいので、飼い主さんはいつも通りの態度や声のトーンで接すると良いでしょう。

スポンサーリンク