猫が一日に何度もトイレに行く理由3つ!深刻な病気が隠れているのかも…

猫が一日に何度もトイレに行く理由3つ!深刻な病気が隠れているのかも…

猫ちゃんが何度もトイレに行く姿を見かけると、飼い主さんとしては不安になる方もいらっしゃると思います。どのようなことが原因として考えられるのでしょうか。

376view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫ちゃんが何度もトイレに行ってしまう

猫用トイレから出てきた猫

愛猫が何度もトイレに行き、排泄をするのかと思えば何もせずにトイレから出てくる…。その繰り返しが頻繁に起きている様子はないでしょうか。人間と同じで何度もトイレに行っているのに排泄できないと言う現象は、もしかすると心配すべき前兆になっている可能性があります。

考えられる理由をまとめてみましたので、飼い主さんはこんな可能性もあると言うことを知っておきましょう。

1. 膀胱炎

猫用トイレの中で上を見つめる子猫

猫ちゃんにも人間と同じように膀胱炎があります。おしっこが赤くなっていたり、何度もトイレに行っているのであれば膀胱炎の疑いがあります。膀胱炎になると残尿感があり膀胱に違和感や痛みを感じます。猫ちゃんも時には痛がって鳴いてしまったり、お腹を触られることを避けようとしたりする傾向があります。

また1回の尿が少なかったり、トイレ以外の場所で排泄してしまったりすることもあります。細菌が膀胱に侵入してしまい炎症を起こす場合もありますが、猫の場合は特発性というケースも多いです。原因としては様々あり、ストレスや飲水量が不足していたり肥満であったりすることがあげられます。普段から適度な運動や水分を多く取ってもらえるような工夫をして、予防することが大切です。

2. 便秘

猫用トイレの中で用を足す長毛猫

出したいのに出せない・・・そんなとき、猫ちゃんはトイレのある場所を行ったり来たりします。人間と同じで出しづらい思いをしているので、大きな便を出した後に問題なく過ごしているようであれば様子を見てみましょう。

原因としては肥満や毛球症、ストレス、他の病気により引き起こされたりなどいろいろな要因が考えられます。対策としてはキャットフードの内容を便秘しにくいものに変えたり、体重超過ならば減量を行ったりすると良いでしょう。しかし、便秘を繰り返すようであればすぐに動物病院に診察してもらいましょう。

3. 尿路結石

トイレットペーパーと猫

排尿時にいきんだり、痛みを感じたりしている症状です。尿中に結石や結晶ができてしまい痛みが生じてしまうのです。また結晶が尿道に詰まってしまうと、排尿が全くできない状態となってしまい膀胱内に尿が溜まり、腎臓の方へ逆流することがあります。

そうなると尿毒症という死に至る可能性のある怖い症状を引き起こしてしまうので、トイレを行ったり来たりするという現象だけでも受診しておくことが大切です。1日中ずっとトイレをしていないという状態は危険信号ですので、すぐに動物病院へ向かいましょう。

まとめ

猫用トイレに入っている猫

人間と同様、猫ちゃんもトイレができないという状態は普通の状態ではありません。何らかが原因でできないでいると考えた方が正しいので、飼い主さんがこれらの症状を見つけたときは早めに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク