気づいてる?猫がひそかに示す『好き』の態度6つ

気づいてる?猫がひそかに示す『好き』の態度6つ

猫の愛情表現にはどんなものがあるか知っていますか?スリスリしたり、膝の上に乗ったりとわかりやすいものだけではありません。飼い主さんに向かってそっと「好き」サインを送っていることもあるんです。

7216view

1.しっぽを立てる

しっぽを立てた横向きの猫

猫の気持ちはしっぽに表れます。しっぽをピンと立てているのは、甘えさせてもらおうとしているときです。実はしっぽをピンと立てるというしぐさは、子猫が母猫にお世話をしてもらうときにする仕草なんです。猫が飼い主さんに向かってしっぽをピンと立てて近づいて来たら、親しみを感じているという証拠です。飼い主さんを母猫のように思っている「好き」のサインになります。

2.お腹を見せる

仰向けの猫

お腹は急所で、そのお腹を猫が見せてくれると言うのは、信頼しているということなんです。なでたり、ブラッシングをしていて、猫がコロンと転がってお腹を見せてくれる姿はとてもかわいらしいですよね。また、子猫が飼い主さんの前で急にゴロンとお腹を見せるのは、遊ぼうと誘っているサインなんです。

母猫や兄弟猫と一緒にいるように安心してくれているということでもありますよね。しかし、大人の猫が遊んでいるときにお腹を見せたら「やめて」サインの可能性もあります。しつこくかまうと攻撃されてしまうので注意しましょう。

3.ゆっくりまばたきをする

目を細める猫

猫と目が合ったときに、猫が目を細めたり、ゆっくりまぶたを閉じたりすることがあります。これは、敵意がない、大好き、などの意味があります。猫が目を細めてくれたら、こちらも目を細めて大好きな気持ちを伝えましょう。猫ももう一度目を細めてくれることもあります。

4.お尻を向ける

座る猫の後ろ姿

猫がこちらにお尻を向けると、ちょっとさみしい気持ちになるかもしれませんが、これは飼い主さんが好きだから、安心できるからしていることなんです。自分の背後は無防備になってしまい、安心できない相手には後ろ姿を見せることはありません。自分に危害を加えないからこそ安心してお尻を向けてくれています。これも「好き」のサインでしょう。

5.虫やおもちゃを持ってくる

おもちゃをくわえて歩く猫

虫を捕まえて持ってきた、朝起きたら枕元におもちゃが置いてあったなどの経験はありませんか?「猫のお土産」と言われるもので、ネズミを捕まえてきて飼い主さんをびっくりさせる猫もいます。

これは、猫が飼い主さんを「狩りができない子猫」だと思ってお世話してくれているんです。決して嫌がらせではありません。猫の愛情がこもった贈り物なので叱らないで受け取ってあげましょう。

6.のどをゴロゴロ鳴らす

あごをなでられる猫

そばにいる猫から低い音がする、抱っこしたりなでたりすると猫の喉の辺りが振動している、それは猫が「甘えたい」「かまってほしい」「幸せ」と感じているサインです。

もともとは子猫が母猫に「自分は元気だよ」と伝えるためにのどをゴロゴロと鳴らしていましたが、甘えるときや、何かしてほしいことがあるときにも鳴らすようになったのです。猫によってはゴロゴロ音がとても小さい場合があります。近づいてよく聞いてみてあげましょう。

まとめ

ゆず

猫の愛情表現はちょっとわかりにくい場合があります。スリスリしたり、そばにピッタリくっついたりということだけが「好き」のサインではありません。しっぽや目の動き、お尻を飼い主さんに向ける、のどを鳴らすなど、少し控えめな態度で飼い主さんに「大好きだよ」と伝えている猫もいます。愛猫の「好き」サインを見逃さないようにしたいですよね。

スポンサーリンク