『人見知りな猫』の特徴4つ

『人見知りな猫』の特徴4つ

猫の性格は様々で、人が大好きな猫もいれば苦手な猫もいます。初めて会う人や、慣れていない人が苦手な人見知りな性格の猫は、どのような特徴があるのかご紹介します。猫の気持ちになって接してあげましょう。

1298view

1.逃げる、隠れる

ソファーの下にいる猫

人見知りな猫は、お客さんが来た途端にその場から逃げたり、ケージやクローゼットなどに隠れたりします。自分の縄張りに、飼い主さんではない人が入って来ることが怖くておびえているためです。

しっぽを体にぴたっとくっつける、しっぽを足の間に入れる、耳を伏せるなどしてすみっこで固まってしまう猫や、体を低く小さくして用心深く歩いたり、早足で逃げ去る猫がいます。逃げて隠れてしまうため、来客に姿を一切見せない「幻の猫」と呼ばれてしまう猫もいます。

パニックになってしまう猫もいます。普段入らないような家具の裏などに入ったまま出てこない、走り回って滑って転ぶ、家具にぶつかってしまうこともあります。さらに、緊張やストレスで体が震えたり、口を開けてハアハアと呼吸をする猫もいるんです。お客さんが来るとわかっている場合は、別の部屋に猫を連れて行ったり、ケージを利用したりしてなるべくストレスをかけないようにしてあげましょう。

2.攻撃的、威嚇をする

威嚇する猫

初めて会う人を自分の縄張りに入ってきた敵として見ているので、攻撃的になる場合があります。ウーと低い声で鳴いたり、シャーと鳴いたりして威嚇することもあります。これは「これ以上近寄らないで」という意味で、攻撃的になっていますが、恐怖も感じている状況です。

それでも猫に構おうとすると、引っかいたり噛み付いたりしてくるので、そっとしておいてあげましょう。我が家の猫も来客が来ると逃げます。人が近づくと低い声でうなり、目が合ったりさらに近づくとシャーと鳴きます。

3.人の声や動きに敏感

体を小さくする猫

人見知りな猫、人が苦手な猫は、とにかく人の動きや音に敏感になっています。自分に人が近づくとわかるととっさに逃げる、人が動いたり大きな音がすると身構えるなど、緊張している様子が伺えるでしょう。

4.トイレ以外で排泄をしてしまう

赤い猫トイレの横に座る猫

人がとても苦手な猫は、恐怖やストレスでトイレ以外でおしっこやうんちをしてしまうことがあります。とても怖いと感じているので、トイレを失敗しても叱ったり過剰に反応したりせずに対応しましょう。猫が安心できる場所を用意して、来客中はそこにいてもらうなど、ストレスがかからないようにしてあげるのが良いでしょう。

まとめ

COCO

人見知りな猫、人が苦手な猫は、初めて会う人や慣れていない人が現れると、逃げて隠れることが多いでしょう。そして、恐怖から「これ以上近づかないで!」という意味でうなるなど威嚇をすることもあります。怖い思いをしていたり、大きなストレスを感じていたりするので、猫にこのような特徴が見られたら、そっとしてあげたり、来客中のときは別室に入れてあげたりと、ケアをしてあげましょう。

スポンサーリンク