猫が『信頼している』飼い主にしか見せない仕草や行動3つ

猫が『信頼している』飼い主にしか見せない仕草や行動3つ

結局のところ、愛猫は私のことをどう思っているのだろう?と気になることってありますよね。猫にとって「信頼・安心」が何よりも重要なことなので、愛猫と飼い主さんの良好な関係のためには「愛猫に信頼されているかどうか」が重要です。今回は【猫の最大級の信頼サイン】をご紹介します。

2255view

1.身体を密着させてくる

男性の膝の上にいる猫
  • スリスリしてくる
  • 膝に乗ってくる
  • 手で触ってくる
  • おしりをくっつけてくつろぐ

このように、猫が自ら身体をくっつけてくるのは「信頼」の証拠です。

猫は警戒心が強い動物で、少しでも「危険」と感じたものには近付こうとしません。そして、「これ以上近付かれると不快」という自身の周囲の空間「パーソナルスペース」を大切にします。

このような理由から、猫が自ら身体をくっつけてくるのは飼い主さんを信頼している証拠と言えるでしょう。

2.近くで眠る

パソコンデスクで眠る猫

猫にとって睡眠時は最も無防備な状態

眠っている時は最大に「無防備」な状態になります。猫はグッスリと熟睡する時間が短く、ウトウトと浅い眠りの時間が長いという睡眠の特徴があります。これは、熟睡する時間が長いほど危険への対応が遅れ、命をおびやかす恐れがあるためです。猫が少しの物音にもピッと起きてしまうのも、危険を素早く察知するための防衛本能によるものです。

「近くで寝ても安心」と思ってくれている

本来猫は他の動物の手の届かない高所や、物陰に隠れてひっそりと眠ることを好みます。このように臆病さが強い猫がすぐ手の届く距離で眠っているということは、それだけ飼い主さんのことを信頼している証拠です。グースカ熟睡しているほど、飼い主さんに絶対的な信頼を寄せているのでしょう。

睡眠中は触らない方が猫に好かれやすい

猫が眠っている時に触ると、ビックリさせてしまって「飼い主さんの近くだと安心して眠れない」と思われてしまう恐れがあります。猫の睡眠を近くで観察していると、寝言を言ったり、夢を見て眼球や手足が動いたりしているのを見られることがあっておもしろいですが、睡眠時の猫ちゃんはそっと見守ってあげましょう。

3.お腹を見せる

お腹を見せて眠る猫

「ヘソ天」は信頼サイン

猫をはじめ、動物にとって腹部は急所です。肋骨から下の腹部は骨が無いため、攻撃されると内臓を損傷するリスクが高い部位であるためです。

猫が眠る時やくつろぐ時に急所であるお腹が見えるように横になるのは、それだけその場に安心している証拠です。飼い主さんがすぐそばにいる状態でお腹を解放しているなら、猫ちゃんは飼い主さんを信頼していると考えられます。

完全に仰向けになっておヘソが天を向く「ヘソ天」状態なら、飼い主さんに完全に気を許しているのでしょう。ちなみに、猫のおヘソは人間のようにくぼんでいないので分かりづらいのですが、上から3番目の乳首の真ん中からやや下にあるそうです。

目の前でお腹を見せて転がる

猫がおもむろにゴロンとお腹を見せて転がる仕草は

  • 遊んで
  • かまって
  • 甘えたい

というアピールです。わざとお腹を見せることで飼い主さんに注目してもらおうとしているのです。「ほら、お腹をこんなに見せても良いくらい好きなの」といった気持ちでしょうか。

このように猫ちゃんが飼い主さんの前でお腹を見せて横になる場合にも、飼い主さんのことをとても信頼していると考えられます。ちなみに、この仕草は「お腹をなでてほしい」わけではないことが多いです。お腹をなでると怒ってしまうこともありますので注意しましょう。

まとめ

ヘソ天で眠る子猫

今回は「猫の最大級の信頼サイン」を3つご紹介しました。

猫が信頼している人に見せるサインは

  • 身体を密着させてくる
  • 近くで眠る
  • お腹を見せる

などです。

猫は臆病な動物なので、基本的に「嫌なことをしてこない人」のことが好きです。それは、たとえ自分が無防備な状態であっても安心であるという信頼があるためです。そのため、猫に信頼してもらえると自らくっついてきてくれたり、近くで無防備な状態になったりといった様子が見られるでしょう。猫に好かれたい場合は「安心安全、快適な人」を目指すように意識してみましょう。

スポンサーリンク