まるで人間「猫が二本足で立つ」理由4つ!やめさせた方が良いの?

まるで人間「猫が二本足で立つ」理由4つ!やめさせた方が良いの?

猫といえば四本足が普通ですが、突如として二本足でニョキッと立つことが。どうしてなのでしょうか?そして二本足になることはやめさせた方が良いのか。気になるところを探ってみました。ぜひ参考にされてください。

440view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. 遠くを見たい

ベランダで立って外を見つめる猫

四本足で立っていると見られないような、遠くや高いところを見たいために二本足で立つ場合があります。好奇心が抑えられずに、思わずニョキッとしてしまうのでしょう。

まるでミーアキャットのようです。誤解のないようにお伝えしておきますが、キャットとついていてもネコ科の動物ではありません。ですから、猫がミーアキャットの血を引いているわけではないのです。

それでも二本足で立つ猫たち…。種は違っても行動が似ることはあるようです。でも、どちらも可愛いから、人からすれば嬉しい限りの行動です!

2. 威嚇している

立ち上がって喧嘩する2匹の子猫

威嚇するときにニョキッと二本足で立つことが。自分を大きく見せて相手の戦意を喪失させる狙いがあります。さらに前足を広げて熊のように大きく見せます。勝つ自信があるときに見せることも。

怖気付いた相手が逃げていけば万事OKです。猫界ではなるべく喧嘩は避けるのが常識。なぜならケガを負うことで命を危険に晒すリスクを減らすためです。不用意にやりあえば、それだけお互いにダメージを受けてしまいます。ですから、実際に攻撃する前に二本足で立って威嚇することで、喧嘩を避けようとしているのでしょう。

3. おねだり

キッチンで立ち上がっておねだりをする猫

飼い主さんに向かっておねだりするときに二本足立ちになることも。以前に同じようにしてめでたくおやつがもらえたのかもしれません。飼い主さんが喜ぶので味を占めた可能性もあります。

そんなに可愛くおねだりされたらもう、断る術はないではありませんか。知ってか知らずかヤツらはうまいところを攻めてきます。でも肥満のリスクがありますので、おやつの与えすぎにはご注意ください。

4. トイレで力んで

トイレットペーパーと子猫

トイレで力んでしまい、思わず二本足立ちになってしまうこともあるのだとか。フチに前足をかけてうまく立って用を足す場合もあるようです。この場合、必ずしも可愛いと言っていられないことも。トイレの環境が気に入らない場合があるからです。汚い、猫砂が気に入らないなどで立つケースが考えられます。

今一度トイレ環境を見直してあげましょう。もし気に入っていないのなら、快適に用を足せるように整えてあげてください。

やめさせるべきなのか?

立ち上がって飼い主の手にタッチする猫

二本足立ちをしたからと言って特に問題がある訳ではないので、やめさせることはないようです。そもそも後ろ足二本で立てることが健康体の証拠なのだとか。

ただバランスが取れていない、今までできていたのにできなくなった、痛そうな声を出すなど、これまでと違った様子が見られるなら、注意した方が良いでしょう。無理に立たせることがないようにしてください。

また、体重が増えたときは後ろ足に負担がかかる可能性も。四本足のときも歩き方やジャンプの仕方などに変化が見られるなら、動物病院を受診して異常がないかを確かめましょう。

まとめ

立ち上がって上を見つめる猫

猫が二本足で立ったからといって問題が生じるわけではありません。可愛いその様子を思う存分楽しませてもらいましょう!ただ異常が見られる場合は早めに対処する必要があります。二本足で立とうが立つまいが猫の様子はいつも、観察してあげてくださいね!

スポンサーリンク