個性豊かな「猫の肉球」途中から色が変わるってホント?

個性豊かな「猫の肉球」途中から色が変わるってホント?

猫のチャームポイントの一つが肉球ですが、代表的なカラーはと言われると可愛らしいピンク色を思い浮かべる方も多いかもしれません。しかしこの肉球はよく見てみると猫によっていろいろなバリエーションがあってなかなか個性豊かなのです。今回は猫の肉球にはどんな色があるのかなどその秘密についてまとめてみました。

369view

猫の肉球は毛色と関係している

猫の肉球アップ

猫の肉球は毛色と密接に関係していると言われており、毛の色によってどんな肉球の色が割合として表れやすいのかが分かるそうです。

例えば、白猫や茶トラといった毛色を持つ猫はピンクの肉球をしていることが多く、黒猫やキジ、サバなどは黒っぽい暗色系の肉球、グレーの猫はあずき色、三毛、サビなどの猫は毛並みと同じく2色が混ざったブチの肉球を持つことも多いようです。

カラーバリエーション豊富

また、さらに言えば猫の肉球は同じピンクでも濃淡が異なることもあり、濃いピンクの色の肉球をしている猫もいれば、桜色のような淡い色のピンクをしている猫もいます。

猫の肉球の色バリエーションはピンク、黒、グレー、ミックス(肉球が2色のブチ)の4種類ぐらいに大きくは分けられるそうですが、濃い薄いなどを考慮すると実際の色の数はもっと多いと言えるかもしれません。

猫の肉球の色は変化する?

肉球を見せて寝ている猫

猫の肉球の色は生活している環境や年齢によって、色が変化することがあると言われています。例えば、外を毎日出歩いている猫の肉球は散歩することにより角質がどんどん厚くなり、最初は薄い色だったのにいつのまにか濃い色になっていたということがあるようです。

また、猫の年齢が上がるにつれて、ピンクの色の肉球が黒っぽくなったり、逆に黒い色の肉球が薄くなったりするなどの変化が見られることもあるようです。

黒猫でも肉球がピンクの猫もいる

黒い被毛にピンクの肉球の猫

最初に書いたように、毛色と肉球は色の出方に大きく関係していますので、やはり毛色によって出やすい肉球の色というのはあるようです。

遺伝の神秘

しかしながら、肉球の色が決まる要素はそれだけでなく、両親の遺伝子によっても変わってくるようです。例えば、混じり気のない黒い毛の猫でも、両親の遺伝によっては黒い暗色系の肉球ではなく、ピンク色の肉球を持って産まれてくることもあります。

ちなみにネット上で見かけた猫ちゃんで、真っ黒の毛色に濃いピンクの肉球をしている子がいましたが、この猫は母親が黒い毛色と黒い肉球、父親の毛色は白黒のハチワレで肉球はピンクに黒のブチでした。

つまりこの猫は黒い毛色がお母さんに似て、肉球はお父さんのピンクの部分を受け継いだということになります。このように猫の肉球の色は被毛のパターンで出やすい色というのも確かにありますが、それ以外にも両親の遺伝も大きく影響してくるようです。

まとめ

ぽぽ

いかがでしたか?猫の肉球の色はピンクや黒系、ミックスなど様々なバリエーションがあるようです。ただ、どんな色だとしても猫の肉球はやっぱり可愛く、私たち人間を癒してくれるものと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク