猫のいる家に行く時に覚えておきたい事4つ

猫のいる家に行く時に覚えておきたい事4つ

猫がいるおうちに遊びに行く時には、いくつかの事に気を付けてあげると飼い主さんに喜ばれるでしょう。飼い主さんだけでなく、猫ちゃんとも仲良くなりやすくなるポイントも含まれています。今回は【猫がいるおうちに遊びに行く際に気を付けたいこと】をまとめました。

719view

1. 大きな声を出さない

会話する女性と膝の上の猫

猫にも性格の違いがあり、繊細な子からフレンドリーな子まで十猫十色です。しかし、基本的に猫という動物は臆病な性質なので、些細なことにもストレスを感じやすい動物です。

猫は聴力が優れているため、音には特に敏感です。大きな音や声は猫に危険を感じさせてしまうため、猫ちゃんがいるおうちに遊びに行った際には声のトーンを抑えるようにしましょう。

ヒソヒソ声でなくても大丈夫ですが、優しい声量を心がけると猫ちゃんに安心感を与えやすくなります。猫は「急な大きい音」にビックリしてしまうので、大きな声でのリアクションは特に抑え気味にしたいですね。

2. いきなり近付かない

布から覗く猫

猫は身を守る意識が高い臆病さを持った動物なので、急に近付かれると身の危険を感じて緊張してしまいます。猫はたとえ飼い主さんであっても、いきなり触られたり抱っこされたりすると嫌がる子も多くいます。ましてや、知らない人にいきなり距離を詰められると大きな恐怖を感じてしまうでしょう。

猫ちゃんといち早く触れ合いたいところですが、最も猫の信頼を得やすいのは「猫が自分から寄ってくるまで近付かないこと」です。

3. 勝手に食べ物を与えない

猫とジャーキーを持つ手

猫と仲良くなるには、手からおやつを与えることも効果的な方法の1つです。猫がおいしそうにおやつやフードを食べる姿を間近で見たいという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、飼い主さんの許可なく勝手に食べ物を与えることはマナー違反となりますので注意しましょう。これは猫に限ったことではなく、すべてのペットたちに当てはまります。

なぜかというと、

  • 食物アレルギーがある
  • 療法食での治療中
  • 薬による治療中
  • ダイエット中
  • お腹を壊しやすい体質

などによって、猫ちゃんの食事に制限がある可能性があるためです。

もし猫ちゃんにおやつやフードのお土産を持っていきたい場合は、事前に飼い主さんに確認しておくと良いでしょう。

4. 傷んでも問題ない服装で行く

毛が付いたTシャツとコロコロ

どんなに穏やかな子であっても猫は動物なので、どんなハプニングが起きるか分かりません。触れ合っている時に服に猫ちゃんの爪が引っかかってしまったり、たくさん毛が付着してしまったり、バッグを噛んでしまうかもしれません。

飼い主さんが充分注意をしていても、こういったハプニングが起こらないとは言えません。万が一愛猫が高価な服やバッグなどを壊してしまったときに、飼い主さんはとても申し訳なく思ってしまいます。

猫ちゃんと思いっきり触れ合うためにも、猫のいるおうちに遊びに行く際にはたとえ傷付いても問題ない服装で行くと、飼い主さんも緊張しなくて済むでしょう。ちなみに、黒い服は付着した抜け毛が目立ちやすいので、避けた方が良いかもしれません。

まとめ

レディ

今回は【猫がいるおうちに遊びに行く際に気を付けたいこと】を4つご紹介しました。特に初めて猫ちゃんに会う場合には、その猫ちゃんが恐怖によってストレスを感じてしまわないように気を付けてあげましょう。

こうすることで飼い主さんもドキドキしませんし、猫ちゃんが心を開いてくれやすくなります。また、飼い主さんの許可なく食べ物を与えることはマナー違反となりますので注意しましょう。

そして、万が一猫ちゃんが傷付けてしまっても、問題のない服装や持ち物で行くことも大切です。

猫のいるおうちに遊びに行く時には

  • 大きな声を出さない
  • いきなり近付かない
  • 勝手に食べ物を与えない
  • 傷んでも問題ない服装で行く

この4つのポイントを意識することで、飼い主さんと猫ちゃんとの時間をより楽しむことができるでしょう。

スポンサーリンク