猫に嫌われないための接し方5つ

猫に嫌われないための接し方5つ

猫と仲良くなりたいのに逆に嫌われてしまった。こんなことがあったら寂しいし悲しくなります。どうしたら嫌われずに心の距離を縮めることができるのでしょうか?その為の接し方をご紹介して行きます。ぜひチェックしてみてください。

902view

1. ベタベタしすぎない

飼い主と猫

猫は人や飼い主さんとの適度な触れ合いを必要としています。ただ、あまりにベタベタとするのは好みません。ですから、触れ過ぎないというのは猫に嫌われないための大切なポイントです。

猫が求めている時に触れ合うようにして、嫌がるそぶりを見せるようならそっとしておくのがベスト。しつこくすると嫌われてしまう可能性はあります。猫の気持ちを大切にして、ベタベタしすぎないように注意しましょう。

2. 猫のペースに合わせる

猫と鼻チュウ

猫と仲良くやっていく上で彼らのペースに合わせることも必要。人間に合わせてくれることはほとんどありませんのでこちらの都合ばかりを押し付けているとストレスを溜めてしまいます。

猫のペースにうまく合わせられる方が仲良くやっていけます。慣れないと「わがままだな!」と思ってしまうかもしれませんが、気がつくとうまく飼い主さん側がしつけられていることでしょう。

3. 無関心を装う

無関心な飼い主

猫は意外にも猫嫌いな人に懐く傾向があります。なぜならそのような人は自分からは近寄ってこないからです。猫はガシガシと接近してくる人物は苦手なのです。

あくまでもマイペースな生き物ですから、猫がいたとしても無関心を装うのが正解です。グッと辛抱強く待てば向こうの方から近づいてきてくれるでしょう。それまで待つのです。そうすれば猫に嫌われることなく距離を縮めることができるでしょう。

4. 音を立てない

パソコンをする女性と一緒に画面を見つめる猫

さすがに全く無音というのは難しいですが、猫が大きな音を苦手としています。ですからビックリするような音をしょっちゅうさせていると嫌がられてしまうかもしれません。

なるべく大きな音は立てないように注意しておくと猫も安心です。静かな環境で過ごせるように気遣ってあげてください。とはいえアクシデントはつきもの。何かを落としてしまうなどは仕方ありません。

大きな音が鳴るたびにビクッと反応している猫の姿を見ることができるでしょう。本当に繊細な生き物なのです。

5. 高い声で話しかける

猫に話しかける女性

猫にとって低い声は威嚇されている、または自分を食べる捕食動物を思い起こさせてしまいます。それに引き換え高い声は子猫などを連想させるので警戒心が緩まるよう。

話かける際はなるべく高音を出すのがオススメです。赤ちゃんに話しかけるような感覚で、優しく声をかけてあげてください。人間の言葉は分からずとも気持ちは伝わっています。適切なコミュニケーションをして仲良しになりましょう!

まとめ

猫を抱いて見つめる飼い主

猫に嫌われないためにできることはたくさんあります。せっかく出会ったのですからできれば仲良くなりたいですよね?猫の気持ちを考えて行動すればきっと大丈夫。

その心が分かった猫は打ち解けてくれるはずです。仲良しになって一緒に楽しい時間を過ごしてくださいね!

スポンサーリンク