猫の心が離れるかもしれない最悪の『NG行為』3選

猫の心が離れるかもしれない最悪の『NG行為』3選

日頃の行動の中に猫ちゃんとの信頼関係が壊れてしまうような行動が混じってはいないでしょうか。一緒に確認しましょう。

4690view

心が離れてしまうかも

クッションの上に寝転がっている猫

猫ちゃんも当然感情のある生き物なので、されて嬉しい行為と嫌な行為があります。もし嫌な行為を繰り返し猫ちゃんに対してしてしまうと、人間と同じでストレスが溜まってしまいます。

猫ちゃんには、のびのびしてほしいと願っている飼い主さんから見れば、気づかずNG行為をしてしまっていたらとても残念ですよね。猫ちゃんとの信頼関係がしっかりと築けるようにチェックしてみましょう。

1. タイミングを考えずに構う

頭を撫でられて目を閉じている猫

猫ちゃんは自由奔放な生き物です。好きなことを好きな時間にして、自分にとって居心地の良い環境を自然に作っていきます。そのため飼い主さんがタイミングを考えずに構ってしまうと、猫ちゃんにとってはいくら大好きな飼い主さんといえどもストレスに感じてしまいます。

そのため、まず猫ちゃんが毛づくろいや食事をしているとき、もしくは排泄のときに構うことはやめましょう。そして猫ちゃんが眠っているときもNGです。人間と同じで食事や集中しているときに邪魔をすることはよくありません。

子猫や甘えん坊な性格の猫ちゃんの場合、普段飼い主さんが仕事などで留守がちだと、甘えたいときに甘えられないのでストレスがあります。そのため、猫ちゃんが構って欲しそうなタイミングになるべく合わせてあげるようにしましょう。

2. 長い時間撫でる

ベッドの上で猫を撫でる女性

猫ちゃんは、大好きな飼い主さんに自分の好きなポイントを撫でてもらうことが好きです。しかし、好きな場所とはいえ、長い時間撫でられることを好みません。

ずっと撫でていると、猫ちゃんから噛まれたり猫パンチを受けたりすることがありますが、それは「もう嫌だよ」というサインです。また「好きなポイント」というのも大事な要素ですので、猫ちゃんによって好きなところは少し違います。

しかし、多くの猫ちゃんは、顔まわりや背中を撫でられることを好みます。NGポイントは手足や尻尾を撫でられることは嫌う猫ちゃんが多いので気をつけましょう。肉球などは触りたくなりますが、猫ちゃんによっては嫌がってしまうのです。

3. 怒って叱ること

物陰に隠れて様子を伺う子猫

猫ちゃんがいたずらなどをした際に、つい怒鳴って叱ったりしていませんか。猫ちゃんにはそのような叱り方はなぜ怒られているのかを理解できないので、意味がありません。

それよりも「急に怖くなった」という認識ですので、信頼関係にヒビが入る可能性があります。そのため、いたずらの際には今後同じいたずらができないように、工夫をすることが大切です。

いたずらが止まらないのなら、そもそもその部屋に行けないようにドアを閉めたり、その物を置かないようにしたりするといった回避の仕方です。

まとめ

棚の上でくつろぐ猫の横顔

ポイントさえ押さえて猫ちゃんの好みを把握することで、猫ちゃんはより信頼を寄せてくれます。飼い主さんとして観察をしながら猫ちゃんの好みを把握し、ツボを押さえていきましょう。

スポンサーリンク