猫にしてはいけないNGな『ストレス解消法』3選

猫にしてはいけないNGな『ストレス解消法』3選

猫も人間と同じようにストレス発散をしたくなる時があります。思いっきり遊ばせてあげたり、大好きな食べ物などを与えて猫のご機嫌をとり、ストレス解消するのが一般的ですが、なかには「猫にしてはいけないストレス解消法」もあるのです。本記事では猫を飼う上でぜひ知っておいていただきたいNGなストレス解消法を紹介していきます。

1512view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

どんなストレス解消法がNGなの?

毛づくろい中の猫

猫にとってストレス解消は必要ではありますが、やり方を間違ってしまうと結果的に猫にとって良くない影響が起きることもあるのです。一体どのようなストレス解消法が良くないのか、さっそく見ていきましょう。

1. 外に出してストレス解消させる

外で伸びをする猫

猫を外飼いして、外で遊ばせることによってストレス解消をさせている飼い主さんもいると思いますが、あまりおすすめできません。

猫を外に出してしまうと、交通事故や他の猫との喧嘩。心ない人からの虐待、ご近所さんとのトラブル(他人の家に勝手に侵入する等)といった、あらゆるリスクがたくさん出てきてしまうからです。また、避妊手術前のメス猫の場合は望まぬ妊娠をしてしまう恐れもあります。

猫は基本的に、完全室内飼いできる生き物なので、猫を飼うのであれば室内飼いする方向で考えてみましょう。

2. 危険のあるおもちゃで遊ばせる

紙袋に入った猫

おもちゃで遊ばせてストレス解消させること自体は問題ありません。ただ、なかには「猫に危害を与える可能性のあるおもちゃ」もあるので、おもちゃ選びはとても重要です。

輪ゴムやビー玉のような小さな物で遊ばせてしまうと、猫が誤って飲み込んでしまう可能性もあるのでおすすめできません。また、紙袋やビニール袋におもちゃを入れて遊ばせる場合は、必ず袋の紐をなくした状態で遊ばせましょう。

遊んでいるうちに袋の紐が首や手足に絡まってしまい、そのせいで猫が驚いて大暴れすることもあります。そうなってしまうと非常に危険なので、袋の紐には注意が必要です。

3. おやつやまたたびを過剰に与える

おやつを持つ人と猫

猫にとって大好きなおもちゃやまたたびはとても魅力的なもの。しかし、猫がしつこくほしがるからといって、おやつやまたたびを過剰に与えてしまうのは危険です。おやつの与えすぎは肥満の原因になることもありますし、またたびの与えすぎは体調不良を起こしたり、ひどくなると呼吸困難を起こしたりすることもあるのです。

可愛いので、ついたくさん与えたくなってしまう気持ちはとてもよく分かりますが、くれぐれも与えすぎには注意をしましょう。

まとめ

くつろぐ猫

猫のストレスを解消させてあげる時は、できるだけ猫にとってリスクの低い方法をとってあげるのが好ましいです。安心できる環境を猫に提供し、ストレス発散させてあげましょう。

スポンサーリンク