猫がヤキモチを焼いているときの対処法4つ

猫がヤキモチを焼いているときの対処法4つ

猫がヤキモチを焼いてしまった時は、飼い主さんが上手くフォローしてあげることが重要です。本記事では、猫の飼い主さんにぜひ知っておいていただきたい「猫がヤキモチを焼いた時の対処法」を紹介していきます!

2211view

ヤキモチを焼いてしまった猫にはどう接すべき?

元気がなさそうな猫

ささいな出来事がきっかけで、猫がヤキモチを焼いてしまった場合、飼い主さんはどのような態度をとるべきかご存じでしょうか。

ヤキモチを焼いてしまった後の行動によって、猫との信頼関係も変わってくるかもしれません。そこで、今回はヤキモチを焼いてしまった猫への対処法をいくつか紹介していきましょう。

1. 構ってあげる

なでられて嫌そうな猫

「構ってくれる時間が少なくて、ヤキモチを焼いてしまった」という場合は、猫とたくさん遊んであげたり、スキンシップをとるように意識してみましょう。

ただし、猫の気分が乗らない時に無理やりスキンシップをとろうとしたり、嫌がっているのに構おうとしてしまうと、猫からさらに嫌われてしまう恐れもあるため、猫の様子を見て判断するのが大切です。

2. 新入りの猫や同居人に夢中になりすぎない

ヘソ天する子猫

猫がヤキモチを焼いてしまうよくある理由が「飼い主さんが新入りの猫ばかりに構っているから」「飼い主さんが新しい同居人とばかり接しているから」といったことが挙げられます。

なので、そのような状況によって先住猫がヤキモチを焼いてしまった場合は、新入り猫や同居人ばかりに夢中にならないように意識しましょう。

先住猫と遊ぶ時間を優先的に確保する、新入り猫からではなく先住猫から必ず先にごはんをあげる…といった対策をするだけでも、猫の気持ちはだいぶ変わると思われます。

3. おやつを与えて猫のご機嫌をとる

猫におやつをあげる人

ヤキモチを焼いてしまった猫の機嫌を直したいのであれば、おやつを与えるのもひとつの対処法です。特におやつに目がない猫の場合は、おやつを食べることによって機嫌を直す可能性が高いといえます。

ただし、おやつを高頻度で与えてたり、一度に大量のおやつを与えてしまうと、肥満の原因になることもあるので、適量を与えるのが好ましいです。

4. そっとしておく

けりぐるみを抱いて寝る猫

猫の性格や、状況によっては、機嫌が直るまでそっとしておくのが有効な場合もあります。

もともと人に構ってもらうことが苦手な猫や、構ってほしい気分ではない猫に対しては、そっと見守ってあげるようにしましょう。

また、猫がヤキモチを焼いてしまった原因を繰り返さないように意識することも大切です。

まとめ

こてつ

猫も人間のようにヤキモチを焼く生き物なので、いじけてしまった時は飼い主さんのフォローが大切です。

機嫌を直してもらえるように接したり、ヤキモチを焼いてしまった原因をつきとめて対処しましょう。

スポンサーリンク