実は猫が嫌がっている『飼い主の生活習慣』6選!何事もやりすぎはNG!

実は猫が嫌がっている『飼い主の生活習慣』6選!何事もやりすぎはNG!

猫はとても我慢強い動物として有名です。愛猫が気にしないようにしている飼い主の行動が実はあるかもしれません。それでは気をつけなければいけないポイントをご紹介しましょう。

3005view

1. 猫のペースを乱す

抱かれて嫌がる猫

猫が寝ているのに強く撫でたり、抱き上げたりすると猫は嫌がってしまいます。猫は基本的に構ってほしければ側に寄ってきます。やたらと飼い主がスキンシップを行う習慣があると、猫のペースが乱されてしまいますので猫には好かれないでしょう。

同じように大きな音を常日頃から出していたり、しょっちゅう模様替えを多く行うのも、猫の気持ちが落ち着かなくなる飼い主の習慣です。

2. すぐに怒ってしまう

花瓶を倒す猫を怒る女性

猫に限らず誰でも、怒りっぽい人と暮らすのは辛いですよね。猫の行動に腹を立てて怒ると猫が自由に行動できなくなります。そして猫に対する事以外でもイライラが習慣になっている人は、猫にも伝染し猫の健康被害を招きますのでやめましょう。

3. 来客の多い家

パーティーの後のテーブルにいる猫

刺激の無い生活もあまりよくありませんが、毎日毎日来客があるのも猫には負担です。猫のいる自宅へ人を招くより飼い主自身が訪ねていきましょう。

4. 猫の写真を多くとる

寝ている子猫の写メをとる人

フラッシュや電磁波を嫌がる猫は多くいます。可愛いからと、ずっと猫を被写体にして写真撮影を行う習慣はやめましょう。ほどほどにしてあげてくださいね。

5. しつこく猫のお手入れをする

爪切りをされ不機嫌な猫

猫のお手入れは大変に大切ですが、抱っこをしたまま長時間拘束するのはダメです。長時間で仕上げるのではなく、細かい時間でちょこちょこタイミングを見計らってお世話してあげましょう。数分が限度で猫が嫌がった時点で終了です。

6. キツい匂いが漂う家

香水の香りを嗅ぐ猫

猫は嗅覚が鋭いので、人間にとって強いなと感じる臭いは猫にとっては危険な香りになります。喫煙をする、香水を多目に付ける、強い洗濯の柔軟剤が好きなどの習慣は止めましょう。アロマオイルは猫専用以外は命の危険がありますので、絶対にやめましょう。

まとめ

不満げな猫

猫が嫌がる飼い主の『生活習慣』6つについてお伝えいたしました。猫との暮らしもペットから家族へ様変わりしてきました。

飼い主の思う通りに、猫には我慢をさせる生活は古い考え方となってきました。これからは人間が猫や犬に寄り添う時代になってきました。猫への悪しき飼い主の習慣は、実は我々人間にとっても直すべき事で、一石二鳥であるのです!

スポンサーリンク