猫の飼い主が猫アレルギーの人と会う時に準備すべきこと3つ

猫の飼い主が猫アレルギーの人と会う時に準備すべきこと3つ

自分は無縁だとしても、実際に「猫アレルギー」の人はたくさんいます。軽症の人もいれば、中には命にかかわるほど重症な人もいるのです。そのため、アレルギーである人のことを考えずに会ってしまうと、不快な気持ちにさせてしまうことも…。猫アレルギーについて知り、お互いに気持ちよく接することができるよう心がけたいですよね。

312view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫アレルギーの原因とは?

鼻をかむ子供

アレルギーを引き起こす原因物質である「アレルゲン」は、猫の毛やフケ、唾液、排泄物などに含まれ、乾燥すると空気中を浮遊します。それを人が吸い込んだり触れたりすると、体の免疫系が有害物質だと認識し、体から排除しようとしてアレルギー反応が起きるのです。

くしゃみや鼻水、せき、かゆみ、目の充血などの症状が現れ、見ているだけでも苦しそうですよね。それでは猫アレルギーの人と会う時にはどのような準備が必要なのでしょうか?

1.手を綺麗に洗う

手を洗う人

日頃、猫を触る手には猫の毛や唾液が付着しています。猫アレルギーの人がそれを体に取り込んでしまうと、アレルギー反応が出てしまいます。石鹸で手から手首にかけて、念入りに洗いましょう。

2.猫の毛を落としてから出かける

洋服の毛をコロコロで落とす男性

綺麗に洗濯をしても、洋服には猫の毛が残っていることがありますよね。猫の毛が付着したままでは、毛が浮遊し、アレルギー反応が出てしまうかもしれません。

ブラシやコロコロでしっかりと猫の毛を落としてから出かけましょう。

3.ウール系の衣類を控える

セーターの上の猫

ウール素材の衣類は、アレルゲンを吸着しやすく、目地に猫の毛が入り込みます。そのため、ブラシやコロコロでは落としきれない可能性があります。猫アレルギーの人と会う時は、着用を控えた方が良いでしょう。

まとめ

鼻をかむ女性と猫

いかがでしたか?猫を飼っているからといって、猫アレルギーの人と会えないのは悲しいことですよね。

アレルギー症状が出ないよう出来る限りの準備をすることによって、心地よい時間を過ごせるはずです。身近に猫アレルギーの人がいる方は、ぜひ心がけて頂きたいと思います。

スポンサーリンク