飼い主が寝ているときに猫が上に乗る心理5つ

飼い主が寝ているときに猫が上に乗る心理5つ

飼い主さんが眠っていると、必ず愛猫が乗ってくるというご家庭も多いでしょう。そこにはどのような思いが込められているのでしょうか?今回は、上に乗る猫の気持ちについて考えてみたいと思います。

5415view

甘えたい!?寝ているときに猫が乗る理由

人に乗る猫

眠る飼い主さんの上に乗るのが好きという猫は多いでしょう。布団に入ると"待ってました"と言わんばかりに、どこからともなくやってきます。

まるで日課のようになっているこの行動には、猫のどのような気持ちが隠れているのでしょうか?ここでは、飼い主さんの上で一緒に眠る猫の心境について、いくつかご紹介いたします。

1.甘えたい

男性の上で眠る猫

猫の親子やきょうだいは、寄り添い合って眠ります。生まれたばかりの頃は体温調節が上手にできず、体を密着させることで体温が下がらないようにしているのです。そしてこれが、子猫にとっては安心感につながります。

成長後はひとりで眠れるようになりますが、飼い主さんに密着して眠ることで、幼い頃に味わった温もりと安心感が蘇ります。特に母子分離が早かった猫はと甘えっ子な傾向が強く、まるで子猫のように甘えたいという気持ちが込められているのです。

2.飼い主さんへの信頼が強い

眠る猫と人

猫には、今何かと話題に挙がる「ソーシャルディスタンス」が元々備わっています。見知らぬ猫や、深い仲ではない猫同士は無駄な喧嘩を回避するために、およそ2m程の距離感を保っています。

縄張り意識が強く、警戒心が強い猫が、至近距離で接しても不快に思わない相手とはとても強い信頼関係が構築されています。飼い主さんを心から信頼している猫は、無防備になる睡眠でも飼い主さんと一緒にいたいと思うのです。

3.暖を取っている

暖を取る人と猫

飼い主さんの上に乗る習慣が冬限定の場合は、暖を取っている可能性が高いでしょう。猫同士も親しい間柄であれば「猫団子(猫同士が体を密着させて暖を取る行動)」を作って体温が逃げないように協力しあいます。

もちろん信頼関係が成り立っていなければできないことなので、飼い主さんへの信頼感は強いでしょう。ただこの状況は、甘えたいというよりは寒さをしのぎたいという気持ちが勝っていると思われます。

4.体調不良や不安がある

ぐったり寝る猫

体調不良や不安を抱えている場合、飼い主さんに甘えることで気持ちを落ち着かせようとすることがあります。普段は素っ気ない態度をとることが多く、あまり体の上に乗ってくることのない猫が、急に甘えるようになったら要注意です。

食欲の有無やトイレの様子、触れられて痛がる場所がないかなどチェックしてみてください。異変があれば一度動物病院を受診しましょう。猫は体調不良を隠すことが多いので、珍しい行動には注意するようにしましょう。

5.何気ない習慣になっている

膝の上で眠る猫

飼い主さんの上で一緒に眠ることが、特別なことではなく習慣の一つになってしまっていることもあります。この時間帯はここで眠るというように、愛猫独自のルーティーンになっているのです。その場合は、特別な感情が深くあらわれているわけではありません。

少々残念な気もしますが、少なくとも不快な相手ではないことは確かでしょう。猫は警戒心が強いので、リラックスできない場所で眠ることはありません。

どの位置に乗るかで信頼感が異なる!?

女性と眠る猫

具体的に猫が乗る位置によって、飼い主さんへの信頼度が異なるといわれています。これは概ね本当です。ただし、猫の性格的な要素も含まれるため絶対的なものとして断言することはできません。

飼い主さんの頭部に近い位置に乗る猫は、飼い主さんへの信頼度が高く甘えっ子の傾向が強いでしょう。逆に、足元の場合は少し警戒しています。

頭部と足元の中間である腹部に乗る猫は、自立した性格でいつでも好きなときにその場を離れられるようにしたいという意思が強い傾向にあります。

まとめ

きぃ

成猫の平均的な体重は3kg程ですが、睡眠中に乗られると結構な重量感があり驚くものです。重たくてちょっぴり大変ではありますが、同時に最高の癒しの瞬間でもあります。

猫が上に乗る行動自体には様々な理由があり、予想とは少し違う場合もあるかもしれません。ただし、「飼い主さんを信頼している」ということは確かです。今夜眠るときは、愛猫の気持ちを想像しながら一緒に寝てみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク