それは苦手…猫が嫌っているもの5つ

それは苦手…猫が嫌っているもの5つ

「病は気から」というように、ストレスは病気の原因になるものです。猫は臆病で繊細な子も多いため、日頃からストレスとなることを遠ざけてあげる必要があります。猫が苦手とするものの中には「なんで嫌いなの?」と、思うような意外なモノも!今回は猫が嫌いなものや苦手なものを5つ解説いたします。

1087view

1.急な動作をする人

騒ぐ子供と猫

視力は良くないが、動くものには敏感

猫の視力はあまり良くありませんが、動くものをとらえる能力は優れています。猫はネズミのような小動物を狩って食べていたため、本能的に動くものには敏感に反応してしまうのです。

そして、猫は身を守る本能が強く臆病さを持った動物なので、急に動くものを見ると警戒モードとなり緊張します。

猫が苦手な動作

  • 突然大きな声を出す
  • 急に立ち上がる
  • ドアをバタンと閉める

このような乱暴さのある動作は猫を緊張させてしまいます。猫はビックリすることが苦手なので、行動が雑な人は猫に嫌われやすくなります。

2.追いかけられること

猫を捕まえようとする手

追いかけられるのは恐怖でしかない

猫は猫同士で"追いかけっこ"で遊ぶことはありますが、執拗に追いかけられることは好きではありません。というのも、身を守る本能が強い猫にとって「追いかけられること」は恐怖でしかないのです。

猫が警戒モードになると、恐怖や嫌悪感から興奮しやすくなり、パニックを起こす原因にもなります。追いかければ追いかけるほど、猫ちゃんの気持ちは遠ざかっていくことを覚えておきましょう。

猫ちゃんを捕獲したい時には冷静に

動物病院へ行く時には、どうしてもキャリーバッグに入ってもらう必要があります。その際に猫ちゃんを捕まえようとして追いかけてしまうと「キャリーバッグ=嫌なこと」という認識になってしまいます。

猫ちゃんをキャリーバッグやケージに誘導する際には、おやつやフードを利用して「自ら入ってもらう」ようにすると良いでしょう。「キャリーバッグに入る=良いことがある」と認識してもらうことがポイントです。

3.抱っこされること

抱っこを嫌がる猫

急につかまれてビックリ&身動きできない状態が不安

人間は赤ちゃんを抱いてあやしますので、可愛いものを抱っこしたくなる傾向があります。しかし、抱っこを嫌う猫は多くいます。

猫は自分の身体を強く触られるのを嫌う子が多いため、ガシッとつかまれるとビックリしてしまいます。そして猫は警戒心が強いため、自分の身体がホールドされている状態が不安になってしまうことも抱っこが嫌いな理由の1つです。

間違った抱き方が原因の場合も

抱っこへの抵抗感は、抱き方によっても変わってきます。おしりを持ってあげなかったり四肢に負荷がかかるような抱き方をしてしまうと、不安定感や痛みを感じて抱っこを嫌がってしまいます。また、脇や肋骨の辺りをつかんで持ち上げるのもNGです。

4.柑橘類の匂い

みかんを剥く手

酸っぱい匂い=食べてはいけないニオイ

飼い主さんがみかんを剥いている時に、猫ちゃんが逃げてしまったことはありませんか?実は猫は柑橘系の果物の匂いが苦手です。

自然界で酸っぱい匂いは腐敗した肉の臭いを連想させるため、猫は酸っぱい匂いのする柑橘系の果物の匂いが苦手な子が多いのです。猫の嗅覚は人間の数十万倍も優れているため、私たちが感じる以上に強烈なニオイとして感じているのでしょう。

「リモネン」は肉食動物に有害な成分

柑橘系の果物の皮には「リモネン」という成分が含まれています。猫を含む肉食動物は体内でリモネンを分解する酵素を持っていないため、このリモネンは多くの肉食動物にとって致死性の高い有害な成分です。

猫が柑橘類の皮を食べると、嘔吐や手足の震えなどの中毒症状を引き起こす恐れがあります。このことも、猫が本能的に、柑橘類の匂いを嫌う理由の1つではないかという意見もあります。

5.霧吹きの「シュッ!」の音

霧吹きをかけられる猫

威嚇の「シャー!」に似ているから?

霧吹きの「シュッ!」という音を怖がる猫ちゃんは多くいます。諸説ありますが、霧吹きのシュッと言う音がヘビや猫の威嚇音の「シャー!」に似ているという説もあります。

また、猫はビックリすることが苦手ということも、霧吹きを怖がる理由ではないかと思います。そして、猫は身体が濡れるのを嫌う子が多いため、濡れるということも霧吹きを嫌う理由の1つです。

霧吹きをしつけに活用するのもオススメ

飼い主さんのごはん中など、猫ちゃんにテーブルに上がってほしくない時がありますよね。そんな時には霧吹きを活用すると効果的です。我が家では水入りでも空でも活用したことがありますが、中に水を入れても入れなくても「シュッ!」という音がすれば効果はあると感じています。

  • いけないことをした瞬間にシュッとすること
  • 猫ちゃんの顔や耳にかけないこと(水入りの場合)
  • 飼い主さんがやったと気付かれないこと

まとめ

アオ

今回は「猫が嫌うもの」を5つ解説いたしました。急な動作をする人、追いかけられること、抱っこされること、柑橘類の匂い、霧吹きのシュッという音。以上の5つは猫が苦手に思う物事です。

猫はビックリすることや危険を感じることが苦手ということが共通点のようです。猫ちゃんが心穏やかに暮らすには、安心安全な環境が必須であるということですね。

スポンサーリンク