猫を驚かせてしまう飼い主の行動3つ

猫を驚かせてしまう飼い主の行動3つ

愛猫と暮らす中で、思わず驚かせてしまったりすることはないですか。大好きな猫ちゃんを知ら知らず驚かせてしまっていることが、あるかもしれません。

996view

猫びっくり

びっくりする猫

猫ちゃんは警戒心の強い生き物です。そのため、大好きな飼い主さんと一緒に暮らしているといえども人間にとってはなんてことはない行動でも、すぐにびっくりしてしまうこともあります。

繊細な猫ちゃんにとってどのような行動がびっくりさせてしまっているのかを、飼い主さんも把握しておくと愛猫に心地よい日々を送ってもらうことができます。

1. 来客がある

隠れる猫

猫ちゃんは警戒心が強いことから、来客があるとすぐに隠れてしまう子も多いです。もちろん性格の差もあるので人懐っこい性格の猫ちゃんは、ちょろちょろと近づいて遊ぼうという子もいるのですが、たいていは来客を警戒して隠れます。

じっと見を潜めて対象者をこっそりと観察しています。自分に危険が及ばないと分かると、ひょっこり出てきますので、飼い主さんはなるべく放っておいてあげましょう。無理に出そうとしたりすると猫ちゃんは驚いてしまい、二度とでてこなくなってしまうでしょう。

2. 大きな声や音

耳を澄ましている猫

猫ちゃんは聴覚の優れた生き物ですので、大きな音や声が苦手です。飼い主さんが何気なく普段の声が大きかったりしてしまうと、猫ちゃんにとってはそれだけでストレスに感じてしまいます。

また、飼い主さんが思わぬ大きな音を出してしまうと、猫ちゃんはとても驚きます。心臓の音がこちらにまで聞こえそうなくらい、ドキドキしてしまうので飼い主さんは気を付けましょう。

繊細な生き物なので、人間側の音が大きすぎることが結構あるのです。生活音や大音量の音楽などは、特に気を付けましょう。

3. 引っ越し

段ボールの中の猫

飼い主さんの都合で引っ越しをすると、当然ながら周りの生活環境は大きく変わります。そんな中で猫ちゃんは急な変化に驚いてしまいます。

引っ越しの直後はなるべく一部屋にいさせて慣れるまで待ったり、引っ越す前から使用していたトイレやおもちゃは、なるべくそのままにしてあげるなど配慮をしましょう。年齢が若い猫ちゃんほど早く慣れてくれますが、高齢な猫ちゃんほど時間が必要となります。

まとめ

むむすけ

猫ちゃんは野生の世界を生き抜くために身に付いた警戒心によって、飼い主さんの行動にびっくりしてしまうことが多々あります。その恐怖心は本能にしみついたものなので、猫ちゃん本人にとってもどうしようもないものなのです。

飼い主さんの方が愛猫に配慮して、気を付けるようにしましょう。居心地の良い生活が送れるようになると、猫ちゃんもしっかりと愛情をもって返してくれます。

スポンサーリンク