猫が舌をしまい忘れる理由4つ。病気の可能性も

猫が舌をしまい忘れる理由4つ。病気の可能性も

猫は舌をしまい忘れてしまうことがありますが、一体なぜそのようなことが起きるのか気になりませんか。本記事では、猫が舌をしまい忘れてしまう理由について詳しく解説していきます。

1322view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

なぜ猫は舌をしまい忘れるの?理由を解説

舌を出すペルシャ猫

飼い猫をふと見たら、舌を出したままの状態でくつろいでいた…なんて光景を目にしたことがある飼い主さんはきっと多いはず。猫によっては舌のしまい忘れが一切見られない子もいますが、一方で舌をしまい忘れる猫は数多く存在します。

なぜ猫は舌をしまい忘れてしまうのでしょうか。その理由を以下の項目で詳しく解説していきます。

1. リラックスしているから

舌を出す猫

猫は顔の筋肉がゆるむと、それに伴って舌が出てしまうことがあります。緊張していたり、警戒心がある猫は、顔の筋肉もこわばっている傾向にありますが、大好きな飼い主さんと一緒にいたり、安心できるお家でくつろいでいる時は、顔の筋肉もリラックス状態にあるので、つい舌が出てしまうようです。

2. 他のことに気を取られているから

舌を出す猫

毛づくろい中などに急に名前を呼ばれて顔を上げた際、舌が出しっぱなしになる猫もいるようです。名前を呼ばれたことが気になりすぎて、舌をしまうことを忘れてしまっているのかもしれませんね。また、毛づくろいに疲れてしまい、そのまま舌を出した状態にしている猫もいるようです。

3. 鼻の長さが短い品種だから

舌を出す猫

ペルシャ猫やヒマラヤンやチンチラといった顔が平らな品種の猫は、顔の構造的に「舌が出やすい」といった特徴を持っています。口の大きさに対し、舌が長い傾向にあるため、ふとした時に舌が出しっぱなしになってしまうようです。

4. 歯が抜けてしまっているから

舌を出して眠る猫

高齢の猫や歯周病になってしまった猫の場合、歯が抜けてしまうことがあります。そうすると、歯がないせいで舌が口から出てしまうことがあるのです。また、実際には舌が口の中に収まっているけど、歯がないせいで口の中がまる見えの状態になってしまい、舌が出ているように見えてしまうこともあります。

こんなサインがある時は病気かも!?

舌が出しっぱなしの猫

舌のしまい忘れは、単なるうっかりというケースがほとんどですが、舌が出しっぱなしになっているという特徴以外に、以下のような様子が見られる場合は何らかの病気にかかっている可能性が考えられます。

  • 息づかいが荒く、ハアハアと呼吸している(口呼吸をしている)
  • よだれが出ている
  • 口臭がにおう
  • 食欲がない
  • 元気がなくてぐったりとしている
  • 舌の色が変色している

以上のような異変が見られる時は、熱中症や歯周病、心臓や肺に関する病気にかかっている恐れがあります。なので、できるだけ早く動物病院に連れていき、獣医さんに診てもらいましょう。

まとめ

るー

猫の舌のしまい忘れはとても可愛らしく、そのほとんどは「うっかり」によるものです。しかし、中には病気のせいで舌をしまい忘れてしまうケースもあるため、異変が見られる時はすみやかに病院へ連れていきましょう。

スポンサーリンク