【あるある】やらかし猫の犯行現場5つ

【あるある】やらかし猫の犯行現場5つ

故意ではないものの何かをやらかしてしまう猫は、多いです。「どしてそうなった?」と問いたくなりますが、きっと本猫も分かってません。もし窮地に陥っていたら、助けてあげてくださいね。きっととてつもなく、感謝されることでしょう。

780view

1. 何かを体につけて汚しまくる

クッキー材料と猫

例えば粉や水、う〇ちなど、体に何かをつけたまま歩き回り、気がつけば家の中がめちゃくちゃに汚れていて…。やらかし猫がしがちな行動です。当の本人はきっと、「体汚いにゃ…」と自分のことでいっぱい、いっぱいで周りを汚したことなど、気にも止めていないでしょう。

帰宅した時このような惨状に見舞われてしまったら、目も当てられませんね。発狂しそうになるのも無理はありません。ですが猫と暮らしているからこそ味わえることだと思い、前向きに…。きっと後々、良い思い出になります!

2. ぶら下がり

カーテンにぶら下がる猫

カーテンや壁掛け時計などにぶら下がり、大変なことに…。こんな事態も起こり得ます。子猫は良く、カーテンによじ登ろうと頑張ります。爪でギタギタにされてしまうことも珍しくありません。

時計なんかにぶら下がられた日には、大破する可能性があります。特にやんちゃな猫には、要注意。行動を逐一見張っているわけにもいかないので、破壊されそうな物は手が届かない場所に、移動しておきましょう。

3. とにかくグチャグチャ

植木鉢を倒した猫たち

トイレットペーパーやティッシュ、消化器、おやつ、障子など、グッチャグチャにされる可能性のあるものは数多くあります。飼い主さんの目を盗んで、本当に良くやらかしてくれます。

中には猫に害がある品物もありますので、触れないように気をつけてあげてください。そして一度猫がぐちゃぐちゃにしたもの、またしそうなものはしまっておくようにしましょう。

4. 怪文書を打つ

キーボードに乗る子猫

なぜか猫が大好きなものの一つに、キーボードがあります。特に飼い主さんが使っている時はこれみよがしに目の前を通り、怪文書を打ち込んでくれます。

場合によっては電源を落とすこともありますので、マメにファイルは保存しておくようにしましょう。せっかく打った文章がパアになってしまったら、本当に大変です。

猫は飼い主さんの気を引きたくてやっていることですので、叱らないであげてください。構ってあげると満足して、邪魔しないでいてくれるでしょう。

5. ハマる

顔がハマった猫

通れると思ったスキマや飼い主さんの洋服などにハマって、抜けられなくなる猫が続出です。思わず吹き出してしまいますが…。きっと屈辱的な気分を嫌というほど味わっていますので、笑いをこらえてあげてください。

そして救出してあげましょう。万が一ケガをしていたら大変ですので、体をチェックしてあげることも大切です。

まとめ

あんじ

本当に猫は、思いがけないことをしてくれることがあります。それが魅力でもあるのですが、危険がないことだけを祈ります。やらかしを楽しめるくらいの心の余裕が欲しいですね。それが猫との暮らしを楽しむ秘訣かもしれません。

スポンサーリンク