猫が飼い主に恩義を感じていること3つ

猫が飼い主に恩義を感じていること3つ

最近では「お猫様」なんてステキな言葉もあるように、大好きな猫ちゃんのためなら喜んで下僕になる飼い主さんが増加中!そんな優しい飼い主さんに、猫ちゃんも恩義を感じているようです……。

5035view

「飼い主さん、いつもありがとう」

女の子にキスをされている猫

表情が分かりにくいと言われている猫ちゃんですが、一緒に住んでいると微妙な心境の変化が分かってきます。人に対してつれない態度を取る「ツンデレ」な性格が一般的と言われていますが、決してそんなことはありません!ツンデレな猫ちゃんにもたっぷりと愛情を注いであげれば、猫ちゃんはきっと飼い主さんに「ありがとう」の気持ちを表してくれるはずです。

では、具体的にどんな行動を取ると、猫ちゃんは飼い主さんに恩義を感じてくれるのでしょう?実は普段の生活の些細な行動の中に隠されています。

1.優しく撫でてくれる!

撫でられてうっとりと寝転ぶ猫

触られるのが大好きな甘えん坊の猫ちゃんにとって、飼い主さんがたっぷりと時間を使って撫でてくれる時間は至福のひととき……。顎をゴロゴロ、身体全体をワシャワシャはもちろん、グルーミングが大好きな猫ちゃんとはブラシを使ってコミュニケーションを取ると良いですね。

ですが、触られるのがちょっと苦手なツンデレ猫ちゃんには、しつこく触ろうとする行為はNG。適度な距離を保つと良いでしょう。

2.一緒に遊んでくれる!

おもちゃで遊ぶ子猫

特に若い猫ちゃんは、たくさん遊んでくれると飼い主さんに対して喜びを感じてくれます!多頭飼いの猫ちゃんは、猫同士で追いかけっこなどをして遊びますが、一人っ子の若い猫ちゃんとは、遊び盛りの5歳前後まではたっぷりと遊びの時間を作ってあげると良いでしょう。

猫じゃらしを使って遊ぶ姿はとってもカワイイものです!遊び好きな猫ちゃんと一緒に、ヤング時代をしっかり謳歌してくださいね。

3.おいしいゴハンをくれる!

ゴハンを食べて満足げな表情の猫

どの世代の猫ちゃんにとっても、一番の至福の時間は「ごはんタイム」です。美味しいゴハンをお腹いっぱい食べられる……猫ちゃんにとっての楽しみの時間を与えてくれる飼い主さんには、いつも「ありがとう」の気持ちを感じていますよ。

仕事が忙しくていつもの時間にゴハンがあげられないときには、食後のオヤツタイムを駆使してめいっぱい甘えさせてくださいね。

まとめ

ソル

いかがでしたでしょうか?なかなか分かりにくい猫ちゃんの「ありがとう」ですが、実はちょっとしたことで感謝の気持ちを伝えています。一番分かりやすいのはプレゼント攻撃!朝起きると、ベッドの上に猫ちゃんのお気に入りのオモチャが置いてある……。それは猫ちゃんが飼い主さんに対して感謝の気持ちを伝える、とっておきのプレゼントなんです!

また、じっと見つめ合っているときに猫ちゃんがゆっくりと瞬きをしたら「大好き」の合図です。そんなときにはぜひこちらからも、ゆっくり瞬きをして「大好き」と感謝の気持ちを伝えてくださいね。

スポンサーリンク