猫を「立ち入り禁止」にするべき場所3つ

猫を「立ち入り禁止」にするべき場所3つ

猫は器用に手が使えるためドアノブを開けてしまったり、ジャンプ力もあるので高いところにも上れてしまいます。おうちの中にも猫ちゃんにとって危険がある場所がありますので、猫ちゃんが入れないように工夫をする必要があります。今回は「おうちの中で猫にとって危険がある場所」について解説いたします。

880view

1.キッチン

キッチンを歩くグレー猫

熱したコンロでの火傷

猫ちゃんにとって、コンロとは何をするところか分かりません。使用後すぐのコンロ周辺はとても高熱になっていますので、猫ちゃんが踏んで肉球を火傷してしまうと大変です。調理中はもとより、使用し終わったコンロ周辺にも引き続き注意が必要なのです。

IHヒーターのコンロならまだ安心ですが、ガスコンロの場合には特に猫ちゃんがキッチンへ上がってしまうのを、阻止した方が良いでしょう。

食器をひっくり返して割る

遊びに夢中になったり、気が立っていたりして興奮した猫ちゃんは、思わぬ力でジャンプして飛び回ることがあります。勢いよくジャンプした先に食器が置いてあったり、猫が歩いたことで食器を干す入れ物やクロスがズレてしまうと、食器が派手に落ちて割れてしまう危険があります。割れた食器でケガをする恐れもありますので注意しましょう。

そして、猫ちゃんが包丁やピーラーなどをうっかり踏んでしまう危険もありますので、危険なものは洗ったらすぐにしまう癖をつけましょう。

衛生面や誤飲も心配

猫はコンロの上であろうがまな板の上であろうが、ジャンプできるところにはどこにでも上ってしまいます。猫がトイレに入った足でキッチンに上ってしまうのは、衛生面においても心配です。

また、猫ちゃんがネギ類や生肉などの食材を、食べてしまう危険もあります。猫ちゃんにとってキッチンは大変魅力的な場所ではありますが、危険もいっぱいあるキッチンには、入らせないようにする方が安心です。

2.お湯を溜めているお風呂場

湯船に入る猫

猫はお風呂場が好き

水に濡れることを嫌う猫ちゃんは多いのですが、なぜかお風呂場にいようとしたり飼い主さんのお風呂タイムを見守る行動が見られることがあります。浴槽にフタを使用していると、飼い主さんの半身浴中にフタの上でうっとりくつろいでいる猫ちゃんも。このように、猫は水に濡れることは苦手でもなぜかお風呂場にいようとすることがあります。

猫がお風呂場にいようとするのは

  • 飼い主さんと一緒にいたい
  • お風呂場の水を飲むのが好き
  • お風呂場の室温が快適だから

などの理由が考えられます。

うっかり落ちて溺れてしまうことも!

飼い主さんと一緒でなくても、ひとりでお風呂場でくつろぐのが好きな猫ちゃんもいます。換気のために浴室のドアを開けたままにするご家庭もあるかと思いますが、浴槽にお湯を張ったままにしておく場合には注意が必要です。猫が足を滑らせてうっかり湯船に落ちてしまい、溺れてしまうという事故も発生しているためです。

3.クローゼットの中

クローゼットの服の下から覗く猫

物が崩れて下敷きになる可能性

猫は暗くて狭い場所が大好きです。クローゼットの中は暗くて良い具合に物が保管されているため、猫にとってはくつろぐのに最適な場所なのです。しかし、重たいものや大きな布団などの猫が下敷きになると危険な物もある場所なので、クローゼットに猫を立ち入らせるのは危険です。

猫が物に上った拍子に崩れ落ちたり倒したりすると、下敷きになってケガをしたり窒息してしまう危険性があります。

ハンガーでの首吊りも危険

中にはまるでサーカスのように、掛けてある洋服のハンガーの中に潜り込もうとするアクティブな猫ちゃんもいます。万が一猫ちゃんが足を踏み外してしまったり、何かに上ろうとした時に引っかかってしまうと、ハンガーで首を吊ってしまう恐れもあり大変危険です。

夏場は熱中症の危険も

猫は気配を消すのが上手で足音もしないため、クローゼットに入ったことに気付かずに扉を閉めてしまうこともあります。夏場は室温が高くなりますし、閉じ込められてしまうと水も飲めなくなるため、熱中症になる危険もあります。クローゼットの扉を閉める際には、中に猫ちゃんが入り込んでいないかを確かめるようにしましょう。

まとめ

くつろいで寝そべる猫

猫は身体能力がとても高いので、私たちが想像もしなかった場所にいることがあります。車を運転する時の心構えである「かもしれない運転」のように、猫と安全に暮らすには「猫が上ってしまうかもしれない」「猫がいるかもしれない」などと「かもしれない」の予想を立てて過ごすことが重要であると考えます。

猫ちゃんが

  • コンロで火傷するかもしれない
  • お皿を割るかもしれない
  • 刃物を踏むかもしれない
  • 落ちて溺れるかもしれない
  • 下敷きになるかもしれない
  • 熱中症になるかもしれない
  • 首を吊ってしまうかもしれない

などなど、住まいの中で少しでも懸念がある場所には、猫ちゃんを立ち入らせないようにする工夫が必要です。

そして、猫ちゃんが立ち入るお部屋の「かもしれない」の危険をできるだけなくすために、日頃から整理整頓を心がけて、家具を固定するなどの工夫も行いましょう。

スポンサーリンク