猫がする「不気味な行動」とその意味5つ

猫がする「不気味な行動」とその意味5つ

いつもはどこから見ても可愛い猫ですが、たまに不気味な行動を取ることがあります。どうして猫は、そのような行動を取るのでしょうか?どんな意味があるのかも、知りたくありませんか?

1006view

1. 何もない一点を見つめる

見つめる猫

良く見かける猫の不気味な行動なのが、何もない一点をじ〜っと見つめることです。世間では、「幽霊がいるのでは?」と言われていますが、実際のところは人には聞こえない音に反応している説が、有力です。

猫は人よりもはるかに高周波の音を聞くことができるので、何かの音に反応して集中しているところを、「何もないところをじっと見つめている」と思われてしまうのでしょう。

もしかすると本当に、幽霊が見えている可能性もゼロではありませんが、何か気になる音がしてそれをじっと聞いていると考える方が、納得が行く気がしますね。

2. 生贄を捧げる

ネズミを銜えた猫

猫は狩りをする生き物です。その狩った獲物を、なぜか飼い主さんにプレゼントすることがあります。プレゼントされた方はびっくりですが、猫に悪気はありません。

狩りができない飼い主さんを心配してプレゼントしてくれる、または飼い主さんにうまく狩りができたことを褒めて欲しい、そんな心理が働いているようです。

もし猫が獲物をプレゼントしてくれたら、叱らずにいてあげてくださいね。獲物は猫に分からないようにこそっと、処分すると良いでしょう。

3. 突然変な声で鳴く

鳴く猫

猫が突然、変な声で鳴くことも。窓の外を眺めて「カカカッ」という声を上げるのは、獲物を捕まえたいけど捕まえられないもどかしさを表現しています。

また、変な声で鳴くと飼い主さんが反応してくれるので、それを覚えて鳴く猫もいるそうな。

猫の鳴き声がいつもと違うときは、病気が隠れているケースもありますので、注意してあげてください。

4. 飼い主をじっと見つめる

飼い主を見つめる猫

どこかから視線を感じると思ったら、猫にじっと見つめられていたこと、ありませんか?無機質な目でじっと見つめられると、ちょっと不気味さを感じてしまいます。

これは大抵の場合、眠いのでしょう。眠いと猫は目つきが悪くなります。あと数秒もすれば、夢の世界へ旅だたれます。

または、飼い主さんのことを子猫のように思っていて、心配している可能性も。何か危ないことをしないか、ハラハラしながら見つめている事も考えられます。あまり猫を心配させるのは、ヤメましょう。

5. 夜中に何かをしている

夜中に歩く猫

夜中になるとガサゴソと起き出して、何かを始める猫…。ちょっと怖いですよね。ですが猫は薄明薄暮性という薄暗いと活発になる動物です。

夜明け近くは猫の狩りの時間なので、本能的に起きて行動しはじめることがあります。人と一緒に暮らす時間が長くなると、自然と飼い主さんの生活リズムに合ってきますのでそれまでの辛抱です。

まとめ

驚く猫

猫の行動には不可解なものがたくさんあります。全ての行動の意味が分かるわけではありませんが、なるべく把握して猫との距離を縮めたいものです。

謎が多いのも、猫の魅力の一つでもありますので、猫が不気味な行動を取っていても引かずに理解してあげてください。

スポンサーリンク