【要注意】猫の飼い主さんへのプレゼントで「一言」必要なもの5選

【要注意】猫の飼い主さんへのプレゼントで「一言」必要なもの5選

猫の飼い主さんへプレゼントをあげる時、猫に危険が及ぶようなものは避けるべきですが、それ以外でも一言気をつけてほしい旨を伝えたほうがよいものが5つあります。順に見ていきましょう。

557view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.破損する恐れのあるもの

猫の置物

最近ではリアルな猫の置物が多く見受けられます。インテリアや、家庭菜園を飾るアイテムとして猫好きさんには嬉しい贈り物になるでしょう。そして、一緒に暮らす猫にそっくりな猫をチョイスするとより愛着がわくものとなります。

もしも、猫モチーフの置物や瀬戸物をプレゼントする場合は破損する恐れがある旨を伝えましょう。

2.パーツが細かいもの

猫の人形

パーツが細かいものや、猫の興味を引いてしまうようなアイテムは誤飲の危険性があります。猫が誤飲してしまうと、全身麻酔を用いた開腹手術が必要になる場合があります。麻酔をかけることはリスクを伴い、猫の体に大きな負担をかけてしまいます。

パーツが細かいことや、誤飲に気をつけてほしいことを伝えてからプレゼントするようにしてください。

先ほどの割れ物もそうですが、実物を見れば注意が必要であることは飼い主さんにも分かるでしょう。それでも一言添えることで、お相手の方が大切に育てられている愛猫への配慮の気持ちが伝わります。

3.ボディミストやお香

コロン

ここ最近は香りの強い香水よりも、ほんのり香るボディミストのほうが人気になっています。また、お香も様々なバリエーションがあります。優しい香りのものをチョイスすると喜ばれるでしょう。

これらの品物は、先ほど紹介したアロマほど危険ではありません。しかし、猫は嗅覚が優れているため香りには敏感です。中には害にはならないものの、猫が好まない場合があります。

猫と暮らしていると、猫への配慮からこれらのアイテムを敢えて使用しないことがあります。嬉しいけれど、思うように活用できないことがあるのです。

4.チョコレート

チョコレートケーキと猫

チョコレートやチョコレートを使用したお菓子類は、手土産として選ばれる方も多いのではないでしょうか?

チョコレートは気分を和らげる効果や、体をあたためる効果があるため、豊かな香りがその場の雰囲気を穏やかなものにしてくれます。

ただし、猫が誤って食べてしまうと危険です。次のような症状が現れます。

  • 嘔吐や下痢などの消化器症状
  • 興奮状態
  • 痙攣や不整脈など

最悪の場合は死に至る危険性があります。猫がいるご家庭でチョコレートを食べる場合は、飼い主さんと一緒に気をつけるようにしましょう。

5.アルコール

猫とワイン

猫好きさんのお宅で、お酒を飲まれる機会もあるかもしれません。特にお酒が好きな方であれば、お酒を手土産に持って伺うと喜ばれます。猫ラベルのお酒をチョイスするとより嬉しいかもしれません。

猫好きさんと、美味しい料理を囲んでお酒を楽しまれる場合は猫が口にしてしまわないように気をつけましょう。

猫がアルコールを摂取してしまうと、死に至る可能性があります。主に次のような症状が現れます。

  • 意識がもうろうとする
  • 昏睡状態に陥る
  • 心肺機能が低下する
  • 吐物による窒息の恐れ

猫の肝臓には、アルコールを分解する酵素が存在しません。よって、アルコールを摂取してしまうと全身をめぐり、急性アルコール中毒を引き起こしてしまいます。そして、最終的に脳幹という生命維持に関わる部分が侵されることで、心肺機能を低下させてしまうのです。

猫も楽しめる工夫をしてみよう!

猫にプレゼントを渡す人

猫好きさんにプレゼントを贈る際は、猫も楽しめる工夫をしてみましょう。とはいえ、猫向けにプレゼントを追加するのは大変です。

猫は改まった贈り物ではなくても喜ぶものがあります。それは、ラッピングです。中でも次のようなアイテムは猫が好むものになります。

  • 紙袋
  • リボン
  • 包装紙など

これらのアイテムのデザインを工夫すると、猫が遊ぶ姿を撮影したときに写真映えします。カサカサと音を立てる包装紙も、猫にとっては狩猟本能を擽られる楽しい遊び道具になります。リボンは遊び道具になるだけではなく、可愛い首輪としても活用することができるでしょう。

誤飲の恐れのある細かい装飾品には注意しつつ、猫も嬉しいラッピングを検討してみてください。

スポンサーリンク