間違いがち!猫のトイレにおけるNGチェック項目5つ

間違いがち!猫のトイレにおけるNGチェック項目5つ

猫のトイレには、様々なものがあります。部屋のインテリアを崩したくない関係で、オシャレなトイレを使いたくなることもあるでしょう。ですが猫に合ったトイレでないと、良くない結果を招いてしまうかも…

2251view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

1. 猫の年齢や体格に合ってない

猫とトイレットペーパー

トイレは、猫の年齢や体格に合ったものを使っていますか?子猫や老猫は、入り口が低いトイレが適しています。入り口が高すぎるとうまくトイレにたどり着けず、粗相の原因にもなり得ます。

また、猫の体格に合っていないトイレだと使いづらくて我慢してしまう猫もいます。おしっこの我慢が原因で病気にかかってしまうかもしれませんので、十分注意しましょう。

2. 置く場所がおかしい

トイレに入る猫

トイレの置いてある場所は適した場所ですか?猫は静かで人通りの少ない場所のトイレを好みます。

家族がドタバタ通るような廊下より、ひっそりとした隅のトイレを好むでしょう。なるべく人目につかない静かな場所に、置いてあげてください。

また、トイレを飼い主さんがずっと見ていると落ち着かなくて、トイレに入るもそのまま出てきてしまうこともあります。なるべくそっとしてあげましょう。

3. 数が足りてない

1つのトイレに多数の猫

トイレの数は十分ですか?猫のトイレの数は、猫の頭数+1が理想的といわれています。つまり、1匹だったら2つ、3匹だったら4つが理想的です。

もちろん、ご家庭によってはトイレを置く場所が確保できないこともあると思いますので、その場合は猫が用を出したらすぐに掃除するなどして清潔に保ってあげましょう。

4. 汚い

鼻を押さえてトイレを掃除する人

猫のトイレは、汚れたままではありませんか?猫の排泄物は臭いが強く、放置していると悪臭の原因となる場合も。

猫の排泄物はその都度マメに片付けると共に、トイレ自体を少なくとも1ヵ月に1回は丸洗いし、猫砂も新しいものに変えてあげましょう。

また、猫のトイレの臭いは、ご近所迷惑となる場合もあるようです。衛生上、清潔に保つことをオススメします。

5. 猫好みじゃない

トイレと猫

トイレは猫の好みに合っていますか?トイレにこだわりがある猫は多いです。例えばトイレの形状や猫砂の種類など猫好みでない場合、使ってくれないかもしれません。

トイレは様々な形状のものがありますので、猫が1つのものを気に入らない場合は別の形状のトイレを取り入れてみましょう。

また、猫砂にもたくさんの種類があります。猫の好みを見つけるのは大変かもしれませんが、何種類か用意して猫の好みを探ると手っ取り早く決めることができます。猫の好みを見つけるまで、多少コストがかかるかもしれませんが、猫の健康の為です。きちんと合ったトイレを用意してあげてください。

まとめ

チョウサイ

たかがトイレと思いがちですが、猫の健康維持には欠かせません。猫が気持ち良く使えるトイレを、置いてあげましょう!

スポンサーリンク