命の危険がある猫の首輪とは?選ぶ時の注意点5選

命の危険がある猫の首輪とは?選ぶ時の注意点5選

万が一の時などの為、猫に首輪を付ける飼い主さんは、多いと思います。たくさんの種類の首輪が販売されていますが、その中でも猫の命を危険にさらしてしまうような首輪があるのです。選ぶ時には、慎重さが必要です。

1654view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. 引っかかっても外れない

首輪を付けた猫

安全装置のない、どこかに引っかかっても外れない首輪の場合、首つり状態になってしまったり、身動きが取れなくなったりするので、命の危険性が。

実際に、そのような事故も起きています。飼い主さんが選んだ首輪で、猫が悲惨な事故に遭って命を落としてしまったら、こんなに辛いことはありません。

猫の首輪は安全装置の付いた、引っかかると外れるものが、オススメです。

2. 鈴付き

鈴のついた首輪をする猫

首輪に鈴が付いていると、猫の居場所が分かって便利なのですが…誤って閉じ込めてしまうリスクも減るので、猫の首輪に鈴をつける飼い主さんは、いるでしょう。

ただ、猫にとって四六時中鈴が鳴っているのは、ストレスが溜まる原因となります。できれば、鈴なしの方が良いでしょう。ストレスが溜まりすぎると体調を崩して、命が脅かされる可能性もゼロではありません。

筆者も以前は猫の首輪に鈴を付けていましたが、猫が怯えてしまった事があり、以来付けるのを辞めました。鈴なしに慣れれば、意外と平気なものです。猫の為に、鈴は外すことを考えてあげましょう。

3. ゆるゆるなもの

ゆるい首輪をした猫

猫の首輪は、飼い主さんの指2~3本のゆとりがある方が良い、と言いますが、あまりにゆるゆるだと、猿ぐつわ状態になってしまう、たすき掛けになってケガをしてしまうという危険性があります。下手をすると、命に関わるケガをしてしまうかもしれません。猫の首輪は適正なサイズを、付けるようにしてあげてください。

4. 固い素材

首輪をした猫

猫の首輪にはたくさんの素材のものがありますが、中でも固い素材の首輪はケガにつながる事があります。ケガをしてその状態によっては、命が脅かされる場合も。

それに固い素材は猫が首を動かしづらく、毛づくろいがやりづらいなどのデメリットがあります。猫のストレスにも繋がってしまいますので、柔らかい素材の方が良いでしょう。

5. 成長に応じたサイズ

首輪をした子猫

子猫の時は、子猫用のサイズの首輪があります。滅多にないとは思いますが、成猫になったのにいつまでも子猫用の首輪をつけていると、首が締まってしまいます。

さすがにそうなる前に気がつくとは思いますが、猫の成長に合ったサイズの首輪を、選んであげてください。

まとめ

首輪を付けた猫

飼い主さんの好みの首輪を猫に付けるのは、もちろんいけない事ではありません。ですが、デザイン性だけで選んでしまうと、猫を思わぬ危険に直面させてしまうかもしれません。機能面でもきちんと、判断してあげましょう。

スポンサーリンク