猫のいる居住空間でやってはいけないこと5選

猫のいる居住空間でやってはいけないこと5選

人間の居住空間はもので溢れています。生活必需品から、嗜好品、部屋を美しく彩るインテリアなど挙げればキリがありません。でも、その中には人間にとっては無害でも、猫にとっては害になるものも含まれている可能性があります。猫のいる居住空間ではNGなものをピックアップいたします。

3455view

猫と暮らす家庭では控えるべきもの

猫とインテリア

猫とともに暮らす家庭では、いくつか気をつけなければならないことがあります。たとえ趣味やインテリアとして取り入れたいと思っているものでも、猫にとっては有害になってしまうものも存在するのです。ここでは、猫にとって危険なものを5つご紹介いたします。

1. アロマオイル

アロマオイル

皆様はアロマはお好きですか?リラックス効果のあるアロマを生活空間の中に取り入れたい方もいらっしゃるでしょう。しかし、猫にとってアロマ(エッセンシャルオイル)は命に関わるほど危険なものです。

主な理由としては、精油に含まれる成分を猫の肝臓では分解できないからです。万が一体内に入ってしまったり、皮膚から取り込まれてしまった場合、命を落とす危険性があるのです。これは、たとえペット用であっても猫の場合は同様に危険なものと認識しておきましょう。

ちなみに犬の場合は、猫のように全く精油の成分を分解し、解毒できないわけではありません。ペット用の商品であれば使用することもできます。残念ですが、猫と暮らす方はアロマオイルを取り入れることはやめたほうが良いでしょう。

2. タバコ

タバコを吸う人と猫

タバコの煙が害になるということは想像できるでしょう。しかし、危険なのは煙だけではありません。タバコそのものも、誤飲してしまうと中毒を引き起こす可能性があります。本数にするならばたとえ1本でも危険です。

特にメンソール系のタバコの香りに興味を示す猫は、誤って口に入れてしまう可能性が高いです。愛煙家の方は猫の前でタバコを吸わないことはもちろん、タバコ自体の管理にも十分注意するようにしてください。

3. 固形(顆粒)の殺虫剤

顆粒タイプの殺虫剤

殺虫剤の中には顆粒タイプのものがあります。この殺虫剤の形状はキャットフードと類似しているものもあり厄介です。ご家庭で使用される場合は、管理方法・猫の誤飲防止を徹底するように心がけましょう。

4. 猫にとって危険な食べ物を放置する

チョコレートを持つ猫

猫も人間の食べ物に興味を持ちます。そして、場合によっては食べてしまうことも考えられます。特に次の食品には注意が必要です。

  • チョコレート
  • ネギや玉ねぎ
  • アボカド
  • アルコールなど

これらはそれぞれ中毒を引き起こしたり、免疫機能を低下させてしまうなど様々な危険が潜んでいます。お子様がいるご家庭では、お菓子を放置することが猫にとっては危険なことであると、分かりやすく説明するようにしましょう。またお酒を嗜まれる方も、アルコール類やおつまみなどを絶対に放置しないでください。

5. 香水やハンドクリームの使用

香水と猫

これは絶対に禁止というわけではありません。使用するタイミングに注意する必要があります。まず、香水は化学物質で作られています。香り自体も猫にとっては好ましいものではありません。猫がいる部屋での使用、猫に直接香水をつけないように気をつけましょう。

そしてハンドクリームは、アロマが含まれている商品も存在します。危険性は先程のアロマオイルの使用で紹介した通りです。アロマオイルを含まないものを使用するようにしましょう。そして、猫が直接舐めてしまうこともできる限り回避するように気をつけましょう。

万が一のときはどうすればいいの?

診察される猫

もしも猫にとって危険なものを摂取してしまった場合は、迷わず動物病院を頼りましょう。その際、摂取したものの現物・パッケージなども忘れずに持参しましょう。そして、可能であれば症状を記録、あるいは動画で撮影しておくと診察に役立ちます。

ネットが普及している現代ですが、最適な対処法・治療法はケースバイケースです。自分だけで対処しようとせずに、まずはかかりつけの病院に連絡し、受信のタイミングや応急処置などの指示を仰ぎましょう。

まとめ

部屋の中で佇む猫

今回は、猫にとって日常に潜む危険なものを紹介させていただきました。命に関わるほど危険なものは取り入れず、それ以外のものは使用方法や管理方法など十分気をつけるようにしてください。

猫は直接言葉で訴えることができません。些細なことでも異変があった場合は、慌てずに状況を把握したうえで、かかりつけの動物病院に相談するようにしましょう。