猫が自分のことを王様だと思っている時の仕草や行動5選

猫が自分のことを王様だと思っている時の仕草や行動5選

愛猫が時々、偉そうな態度を取ることはありませんか?まるで王様のようで、気がつけば従っているということもあるかもしれません。今回は、猫のちょっぴり横柄な態度を集めてみました。

1402view

お猫様は王様!!ちょっぴり横柄な猫の態度

王様猫

身体は小さいのに態度はデカい、猫は不思議と家庭の中で王様化してしまいます。ここでは、人間が日々感じている猫の偉そうな態度をいくつかご紹介いたします。

1.呼んでも無視されている!?

振り向かない猫

猫はとても気分屋です。飼い主さんが呼んでも返事をしてくれないときがあります。でも、まるっきり無視をしているわけではありません。尻尾や耳の動きを見てください。呼びかけに対して、耳がこちらのほうへ傾いたり、尻尾を揺らしていませんか?これは、返事をしている仕草になります。しかし何かに集中していたり、眠くて振り向くことが面倒に思うと、とりあえず聞こえているという意思表示をするに留めるのです。

2.我が物顔で座布団に座る

座布団を占領する猫

少し席を外し、戻ってくると猫が座布団を占領中。このような体験はありませんか?そしてその結末は、猫様に座布団を譲り、人間が床に座るという感じではないでしょうか。まさに猫様は王様ですよね。恐らく猫は、飼い主さんが座っていた座布団を自分の縄張りにしているのでしょう。だから、堂々としているのです。横柄な態度ですが、あまりの可愛らしさについつい許してしまいますよね。

3.布団だって猫のもの!!

布団占領中

猫が占領するのは座布団だけではありません。布団も、もはや猫様のもの。猫は飼い主さんの布団が大好きです。いざ寝ようとしても退いてくれず、なぜか人間のほうが遠慮がちに寝るはめになりますよね。

このとき猫は、自分の縄張りの一部である飼い主さんが、ほかの存在に奪われることを防ごうとしている可能性があります。また、子猫らしさが残ったまま成長した猫の場合は、母親のような存在である飼い主さんのそばにいたいという気持ちがあらわれていることもあります。

4.犬にも容赦しない猫

犬の寝床を奪う猫

猫は同居する犬に対しても容赦はしません。自分の寝床があるのにも関わらず、わざわざ犬のベッドを使いたがります。寝床を奪われてしまった犬は、座布団を奪われた飼い主さんと同じような行動に出ます。王様気取りの猫には適わないのかもしれません。

5.常に上から目線!?

見下ろす猫

猫の態度がデカいと感じる最たるものは、何といっても上から目線ではないでしょうか。猫は安全である高い場所から、危険がないかを観察しています。慌ただしく動き回る人間の行動も、猫に見られているのです。

我々人間の行動に対して何を思うかは猫に直接聞いてみないと分かりません。でも、あの見下ろす顔は偉そう態度というように感じずにはいられません。そこもまた、不思議と可愛らしく思えてしまいます。

猫にとって人間とは?

首を傾げる猫

日常生活の中で、猫が取っている横柄な態度について紹介してきましたが、そもそも猫は人間をどのように認識しているのでしょうか。次は、この謎に迫りたいと思います。

人間は大きくなり過ぎた猫!?

英国のブリストル大学で、猫の行動研究を行っているジョン・ブラッドショー氏の意見によれば、猫は人間を「ちょっと大きい同族」と認識しているそうです。その根拠は、猫が我々人間に対する接し方が、他の猫に対しての接し方と同じであることです。

鼻をつけて挨拶をしたり、しっぽを立てて歩み寄ったりと、猫同士でも行われる挨拶や愛情表現を、人間に対しても同様にしています。しかし、人間は猫とは明らかに身体能力が異なります。だから猫は、身体は大きいのに不器用な猫だと思っているようです。

シチュエーションによって関係性が変わる

犬は群れで暮らす動物なので、主従関係がはっきりしています。しかし猫は、単独で暮らす動物です。人間と暮らすうえで、飼い主さんとの関係性には様々な変化が起こります。

自分が甘えたいときは飼い主さんを母猫に見立て、遊びたいときは兄弟のように接し、世話を焼きたいときは自分が母猫であるかのような行動を取ります。その時々の気分に応じて、飼い主さんのことを都合の良い相手に仕立てあげてしまうのです。

とても大切な存在

安心する猫

子猫の頃から人間と暮らす猫は、成猫になっても心は子猫のまま。飼い猫の生活は、安全な環境・バランスのとれた食事・安心できる寝床が約束されています。そのため、逞しい大人になる必要性がないのです。

だから猫は、日頃の生活では横柄な態度を取ることがあっても、飼い主さんを大切な存在だと思っています。猫が邪魔をする行動も、このような背景から不安や嫉妬など様々な感情が見え隠れするのです。

まとめ

まっしゅ

猫はちょっぴり横柄な態度をとります。しかし、その理由を掘り下げてみると、決して偉そうな態度を取ろうとしているわけではないと分かります。それでも何故か、人間はついつい猫に従い、振り回されることを楽しんでいるかのように思えますね。これもきっと猫の魅力なのでしょう。