猫にお薬を飲ませるには?どうしても飲んでくれない時の対処法

猫にお薬を飲ませるには?どうしても飲んでくれない時の対処法

猫へ薬を飲ませる時に大変な思いをした飼い主は多いと思います。苦いため、猫は素直に薬を飲もうとはしません。無理に飲ませようとすると引っかかれたり噛まれたりしてしまいます。しかし、無理にでも飲ませないと病気を克服する事は出来ません。今回は猫への薬の飲ませ方について述べていきます。

683view

簡単に薬を飲ませる3ステップ

薬の匂いを嗅いでいる茶トラ猫

最も手軽に猫に薬を飲ませる方法は、キャットフードの中に細かく砕いた薬を混ぜる手段です。

しかし、この方法ではご飯全体に薬の苦味が広がってしまうため猫が嫌がってご飯を食べようとしなくなります。なので、猫に薬を簡単に飲ませる方法は直接人間の手で飲ませる方法に尽きると言えます。

手で猫に直接薬を飲ませるのは、大変なように思えますがコツさえ掴めば猫はあっという間に薬を飲んでくれるようになります。

①まず、猫に大きく口を開けてもらう必要があるためリラックスしてもらいます。

②背中をゆっくり優しくさすってあげましょう。次に、片方の手で猫の顎を持ち上げます。

③最後にもう片方の手で猫の口を開けて喉の奥に薬を落としてあげましょう。

この方法で飲ませると猫は、薬の苦味を感じる事なく素直に薬を飲み込んでくれます。

粉薬の場合は、キャットフードと混ぜる方法が最も簡単な方法です。しかし、この方法では錠剤と同様に苦味を強く感じて猫が薬を飲んでくれない事も多いです。

そんな時はシリンジを使って薬を飲ませましょう。水で薬を溶かした後にシリンジを用いて喉の奥に薬を垂らしてあげましょう。すると、素直に猫は薬を飲んでくれます。

どうしても猫が薬を飲んでくれない時は?

緑色のタオルに包まれた猫

いくら飼い主が落ち着かせようとしても、薬を見た途端嫌がり興奮してしまう猫も少なくありません。

タオルでおくるみ作戦

猫が暴れてどうしても抑える事が出来なくなったら、タオルで猫の手足を抑えると良いでしょう。猫愛用のタオルがあれば、安心材料にもなりますし飼い主も怪我をしなくて済みます。

濃い味のフードを与える

しかし、それでも猫が薬を飲んでくれない場合がありまく。そのような時は、キャットフードより濃い食べ物の中に薬を混ぜると効果的です。

例えば、とろみを付けた鶏ガラスープや野菜スープに砕いた薬を混ぜると猫は素直に食べてくれます。スープ自体が薬の苦味を消してくれるくらいに風味があるため、キャットフードに混ぜる方法よりは薬を飲ませやすいと言えます。

また、動物用の服薬ゼリーと混ぜてあげても良いでしょう。

とろみが付いた食べ物の中に、薬を混ぜると猫にとって飲みやすくなります。なので、薬を飲ませる最終手段として利用するとよいでしょう。

猫に薬を飲ませる時の注意点

薬を飲ませようとして猫の顔を抑える飼い主

猫を支える手は優しく

薬を飲ませようとして無理矢理猫を押さえつけると、更に強い抵抗をされるだけです。なので、猫に薬を飲ませる時は強い力で押さえすぎないようにして下さい。

怒らない!

また、薬を中々飲んでくれない時は飼い主もイライラしてしまうものです。なので、つい怒鳴ってしまう場合もあると思います。しかし、猫は怒鳴られると余計に薬を飲んでくれません。

したがって、猫に薬を飲ませる時は大きな音を立てずにする事と強い力で押さえつけないようにしましょう。

まとめ

錠剤の薬を飲もうとする猫

薬は苦いため、猫は服薬する事を強く嫌がります。しかし、飲んでもらわないと病気を治す事が出来ないので何としてでも飲ませる必要があります。

最も簡単に飲ませる方法は、飼い主が落ち着いて猫とコミュニケーションを取りながら薬を猫の口に落とす方法です。この方法なら、飼い主の負担が最も軽く猫もリラックスした状態で薬を飲めます。

しかし、必ず猫が飲んでくれる方法ではないので万が一猫が飲んでくれなかった時に備えてスープや服薬ゼリーを用意しておく必要があります。

注意して欲しいのは、薬を飲ませる時に猫に恐怖心を与える行動を取らないようにする事です。トラウマを植え付けると、猫が必要以上に薬に対してマイナスな感情を持ってしまうためイライラした時は一旦薬を飲ませるのを中断しましょう。

そして、飼い主の気持ちが落ち着いてから猫に薬を飲んでもらいましょう。