猫が寝てる時にしてはいけないNG行為5つ

猫が寝てる時にしてはいけないNG行為5つ

1日をほとんど寝て過ごしている猫ですが、その内数時間は熟睡している時なので、不用意に睡眠を邪魔するのは、良くありません。下手をすると猫が、睡眠不足になってしまうかも。猫が寝ている時、してはいけない行為を5つ、ご紹介します。

12861view

寝ているのに邪魔しないで!

寝ている猫
猫が寝ている姿がつい可愛くてつい…そんな衝動に駆られても、寝ている時に起こしてしまうような行為はいけません。こんな行動はNGです。

1. 無理やり撫でる

猫を撫でる

スヤスヤと可愛い寝顔で寝ていると、ちょっかいを出したくなって、しまうのですが…。猫にとっては大きな迷惑かも。優しく撫でる程度なら、喜んでくれることもありますが、無理にお腹などを撫でようとすると、嫌がられる場合も。

猫があくびをした時は、「邪魔しにゃいで!」と思っている事が多いようなので、寝ている時は極力、触らない方が良さそうです。

2. 遊びに誘う

寝ている猫

猫が寝ているのにわざわざ遊びに誘う飼い主さんはあまりいないと思いますが、おもちゃなどを動かす音で起こしてしまう場合がありますので、避けた方が良いでしょう。

そもそも猫が気乗りしなければ、誘っても無視されるのが関の山です。寝ている猫の前でおもちゃを動かしても、チラ見されただけで無反応な結果が予想されます。無反応な猫の前で、虚しくおもちゃを動かす飼い主さん…そんな悲しい事態に陥らない為にも、遊びに誘うのは避けましょう。

3. 写真を撮りまくる

寝ている猫の写真

猫が寝ている時は動かないですし、寝顔が最高に可愛い!という事で、写真を撮りまくりたくなる気持ちは分かります。

ですが、猫は寝ていても、浅い眠りのことが多いので、飼い主さんがカメラを持って近づく気配で、起きてしまうことは良くあります。加えて、シャッター音が猫の眠りを妨げてしまう場合もありますので、猫の寝顔を撮りたい時は極力音を立てずに、こっそりと撮影するようにしましょう。

4. 大きな音を立てる

寝ている猫

大きな音を立てると、猫ではなくても目が覚めてしまいます。元々猫は大きな音が得意ではないので、ストレスを与えてしまうでしょう。

猫が寝ている時だけではなく、猫がいる場所では大きな音を立てないように気をつけるのは、飼い主さんとしての心がけです。ある程度仕方のないこともありますが、できる限り注意しましょう。

5. おやつを出す…はギリギリOKかも

猫におやつをだす

猫が大好きなおやつ。できれば起きている時に与えた方が良いでしょうが、あの美味しいおやつが食べられるなら、と寝ていたのに飛びついて来る猫もいるかもしれません。

おやつの入っている戸棚や、パッケージを開けただけで、疾風の如く姿を現す猫もいます。もちろん、猫が無反応でしたら、無理に与えることはありません。

ただ、やはり猫の睡眠を妨げることはできるだけ避けた方が良いですので、わざわざ寝ている時に与えなくても、良いかもしれませんね。与える時間が決まっているのなら、猫も待っている可能性がありますので、その場合は与えても、問題ないでしょう。

まとめ

しゃな

猫が寝ている時は、飼い主さんにとっては触りたい放題、写真取り放題です。ですが、そんな飼い主さんのエゴに、付き合わせるのはどうか、と思います。猫の健康を阻害する結果になってしまっては、後悔の念に苛まれてしまうでしょう。お互いの為にも、猫にはゆっくりぐっすりと、寝て貰いましょう。

スポンサーリンク