猫が『絶対に許せない』と思っている飼い主の行動8つ

猫が『絶対に許せない』と思っている飼い主の行動8つ

猫には、プライドやポリシーがあると知っていましたか?許せないものは、頑固として受け入れられないようです。少し癖が強いようにも思えますが、猫も個性があると言うことなのでしょう。では、一番近くにいる飼い主さんに思う、許せない事って何なのでしょうか?

4504view

猫が飼い主に対して意義あり!な行動

にらむ猫

猫が飼い主を許せない!と感じるのはどんなことなのでしょうか?

1. 知らない人を家に招く

知らない人を見る猫

飼い主さんがついやってしまうのは、猫の存在を無視して友達や知り合いを家に招くこと。猫にしたら「にゃにぃ!?」許可した覚えはないぞという気持ちかもしれません。猫は自分の縄張りに、仲間じゃないものがいるのは絶対に許せないのでしょう。

2. 浮気をしてくる

男性に抱かれる猫

家に帰るまでに、愛猫以外の猫と接触してしまうと必ず!ばれてしまいます。猫は「浮気してきたにゃ!?」と許せない気持ちになってしまうでしょう。

「どれだけ毎日、熱心に匂いをつけてるとおもってるにゃ?」と、飼い主さんに対して怒りと悲しみが溢れ出てしまうようです。

3. 自分以外の猫を可愛がる

女性に抱かれる猫

飼い主さんを好きな猫は嫉妬深いのです。自分だけのものと思っていた飼い主さんが、他の猫を可愛がる様子を目撃したら「信じらんにゃい!」となってしまいます。

猫が飼い主さんを許せないと思うと、その猫に八つ当たりするか、飼い主さんを無視するか、もっとアピールが強くなるかのどれかでしょう。

4. 大声を出す

ヘッドフォンをした猫

大きな音が嫌いな猫に、驚かせるような音を立ててしまのはいけませんね。やはり猫は家を安全と思って、油断している部分もあるでしょう。お腹を出してリラックスしているのに、急に大きな音がするとショックが隠せません。わざとじゃなくとも、大きな音には気をつけてあげたいですね。

5. 信頼を裏切る行為

疑惑のまなざしの猫

猫は飼い主さんを信頼しています。それを裏切るような行動は、猫の心を傷つけてしまいます。猫に手をあげる、追いかけ回す、怒鳴る、無理強いするような行為などは、信頼関係が崩れる恐れがあります。猫にもちゃんと感情があるので「信頼していた人に裏切られた」と感じます。

6. 環境をころころ変える

ダンボールに囲まれた猫

引越し、模様替え、外出、を嫌う猫は多いです。猫は、環境が変わると馴染むのに時間がかかります。中には、環境に馴染むのが上手な猫もいるようですが、ほとんどの猫はそうはいきません。

自分の落ち着ける環境になるまで時間がかかり大変なのに、ころころ環境を変えられたら「たまらんにゃ~」と言うております。

7. 一人だけ楽しむ事

ケーキを食べる人を見る猫

猫は袋の音がすると楽しい事があると思っているようです。カサカサ、カシャカシャと扉の向こうから音がすると、猫がワクワクしながら集まってきます。扉が開かないときは、音だけで食べ物と勘違いした猫が「ずるいにゃー」「欲しいにゃー」と怒る場合もあります。飼い主さんだけ楽しんでいると思っているようです。

8. 猫が不潔と思うこと

トイレを掃除する人

猫は綺麗好きと言われています。体を綺麗に舐めて汚れや匂いを取り除いたり、汚いトイレで排泄をしないのも、匂いに敏感だからなのです。飼い主さんがトイレ掃除をしないと、猫は「掃除してよ」と要求してきます。

また、ご飯の器や水の容器が 汚れていても許せません。猫にとって不潔に思う匂いは受け入れられないようです。

まとめ

にらむ猫

猫が絶対に許せないと思っている飼い主の行動について紹介しました。つい、猫が許せないと思う行動をとってしまう人、許せない行動をとっているから嫌われてしまってる人もいるのかも知れません。絶対に許せないと思っている以上、受け入れてもらえなさそうですね。

猫が飼い主を許せないと思ってしまうのは、それだけ信頼しているからなのでしょう。猫と人間の脳は似ているようです。

嫉妬心や執着心が強くなるのは、心を開いているから起きてしまう感情。猫を裏切るような行動や、嫌われるような行動は気をつけて行かないといけませんね。