猫が一日に必要な水分量は?

猫が一日に必要な水分量は?

猫は、少しでも変化や気になる事があれば水分を摂らなくなってしまいます。もともと、率先して水分を摂らないのですが、水分不足になるととても危険です。毎日猫が飲まないといけない水分の量は決まっています。しっかりと水分摂取出来るように、必要量や方法についてご紹介していきたいと思います。

1253view

猫の一日に必要な水分摂取量

水道から水を飲む猫

一日に必要な量

猫に水分摂取は欠かせないと言われていますが、どれくらい必要なのかについてお話したいと思います。体の大きさによって必要な水分の量は異なってきますが、おおよそだと体重1kgに対して40~60mlと言われています。必要な量には、諸説があるようなので、目安として最低限の量は与えるのが好ましいでしょう。

猫の体重×0.75乗×70mlで計算してみて必要な量を与えるのでも良いでしょう。

私の猫は4kgなので、197ml~240ml位が必要になるようです。

ちなみに0.75乗を計算するときは、「4の0.75乗」といったようにGoogleに入力すると手っ取り早いですよ。

子猫、高齢猫の水分とは

そもそも猫は、お水を飲みたがらない特徴があります。お水をよく飲んでもらうようにするのは、飼い主さんも頭を捻らなくてはいけないのでしょう。体の小さな子猫や、生活習慣を変えるのが困難な高齢猫には、お水をどのように摂取させれば良いのか考えてみましょう。

子猫だと、離乳食の間は水分を補えているので欲しがらないようです。食事が固形になった場合は、ミルクをかけてふやかしたりしてあげると水分がとれます。

また、同じく高齢猫もドライフードからウエットフードに変えてあげるのが、スムーズに水分摂取出来る方法でしょう。ウエットフードにするだけでも、普段の70%程度の水分を補えます。子猫同様に、ドライフードをお湯でふやかして与えても良いです。水分を摂る習慣がない場合は、このように食事に工夫してあげるのが手がかからなくて良いでしょう。

水分が必要になる理由

猫は、少ない水分でも生活できる体の仕組みになっています。しかし、それが水分不足からくる病気を発症させてしまうのです。膀胱炎や尿路結石は水分不足からくる病気でもあります。

また水分過度になった場合には、病気の症状が出ている可能性があります。最も多いのが、腎臓の病気です。腎臓に負担をかけて慢性腎不全を発症させてしまいます。他には、糖尿病、子宮蓄膿症、甲状腺機能亢進症などの病気にかかっていると、大量に水分を摂取する傾向にあるようです。腎臓の病気は、体の機能の衰えや低下が心配になってくる6歳くらいから、特に注意が必要です。

一日の水分量を知ろう

毎日猫が摂取した水分の量を知るのは大切です。どれくらい飲めたか、飲みすぎていないかと言うのをチェックするようにしましょう。メモリ付きの容器を使用したり、必要量を計り容器に入れるなどして測定してみましょう。猫が水分をほとんど摂取してない、反対に過剰に摂取している場合は、病気の可能性も高くなりますので注意してチェックしましょう。また、トイレに行く回数や、おしっこの量も水分の摂取量の判断材料になります。

猫に必要なだけの水分量を摂取してもらうには

水の前で待つ猫

水の味

猫は水の味にうるさい事が多いようです。水の味が気に入らないのが理由で飲まない猫がいます。水の種類を変えるのもひとつの方法です。逆に、水に猫の好きな味があれば、飲んでくれるかも知れません。それこそウエットフードにしてみるとか、スープにするなどにしてみると良いでしょう。他にも、好みに合わせてまたたびの水を作って飲ませるのも良いかも知れませんね。

水の与え方

容器に入れても飲んでくれない場合は、飲ませる方法を変えて見ましょう。新鮮な水を好む傾向もあるようなので、流れる水や蛇口から出る水に、興味を示して飲んでくれるかも知れません。給水器を使用すれば、猫が飲みたい時に飲みやすいと思います。

水分補給

とくに暑い季節は、熱中症や脱水症状に気を付けなければいけません。おやつ感覚で飲める水分ゼリーを与えてみてはいかがでしょうか?水分補給もできて、食欲がない時でもおすすめです。猫が好きな味や匂いになっていて、食べやすく食いつきも良いようです。

まとめ

お皿から水を飲む猫

猫が一日に必要な水分量について紹介しました。

砂漠地帯で生息していた猫は、最低限の水分量でも生きて行けたのかもしれません。しかし、猫の水分不足は病気になる可能性が高く、健康とは言えません。猫には一日に必要な水分量があり、それ以上でも以下でもよくないと言う事なのです。健康で長生きする秘訣は、水分も大きく関係しているのでしょう。

スポンサーリンク